『劇場版 コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-』にゲスト出演を果たした山谷花純。末期の胃がんに冒された女性にふんした彼女の演技力や、実際に丸刈りにして演技に臨んだという女優魂が注目されている。そんな山谷の活躍ぶりを紹介する。

 山谷は、1996年生まれの21歳。2007年にエイベックス主催のオーディションに合格し、翌年12歳で、木村拓哉が主演を務めたドラマ「CHANGE」(フジテレビ系、2008)でデビューを果たす。最近では、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」(2013)をはじめ、ドラマ「ファーストクラス」(フジテレビ系、2014)など話題作で演技を披露。2015年から2016年にかけて、山谷の代表作となるスーパー戦隊シリーズ「手裏剣戦隊ニンニンジャー」に出演し、オンエア後も特撮ファンから「モモニンジャー」や「霞姉(かすみねえ)」などの愛称で親しまれていた。

続きを読む