2008年の映画『パコと魔法の絵本』で第32回日本アカデミー賞新人俳優賞に輝き、“天才子役”と注目を浴びたアヤカ・ウィルソンが、9月14日公開の映画『響 -HIBIKI-』で8年ぶりにスクリーンに帰ってきた。すっかり大人の女性に成長したアヤカが、久々となった映画出演への思いを語った。

続きはこちら