岡崎京子の同名人気コミックを、門脇麦主演で実写映画化する『チワワちゃん』の特報映像とティザービジュアルが公開された。

豪華若手俳優陣が“今”を駆け抜ける初映像解禁

本作は、『ヘルター・スケルター』や『リバーズ・エッジ』など、1980年代~90年代にかけて時代を代表する多くの人気作を手掛け、今なお熱狂的な支持を受ける漫画家・岡崎京子が1994年に発表した同名コミックを実写化する作品。マスコット的存在だった女の子“チワワちゃん”のバラバラ遺体が発見されたことをキッカケに動き出す、若い男女グループのドラマをエモーショナルに描く。

主人公のミキ役は、実力派若手女優として数々の作品に出演し続けている門脇麦。チワワちゃんの元カレ・ヨシダ役には若手最注目俳優の成田凌、ヨシダの親友カツオ役には寛 一 郎、チワワちゃんの親友ユミ役にはモデル・女優として活躍する玉城ティナ、チワワちゃん役には新人ながら大抜擢された吉田志織、さらにチワワちゃんに想いを寄せるナガイ役には村上虹郎と、20代の実力派俳優が集結する。メガホンをとるのは、大学の卒業制作が国内外の映画祭で上映され話題となり、様々なミュージックビデオを手がけてきた弱冠26歳の新鋭・二宮健監督。

このたび解禁となった映像は「バラバラ殺人事件の被害者の身元が判明した」という門脇麦演じるミキの衝撃的なナレーションからはじまる。そこから、夜の町を疾走したり、ナイトプールで水中キスしたり、駐車場でボウリングをしたりといった、若者たちが全力で“今”を楽しむ姿が映し出され、エネルギッシュで派手な映像とともに、儚い青春の終わりを予感させるものに仕上がっている。

また併せて公開となったティザービジュアルは、人気フォトグラファー、Tammy Volpe(タミー・ボルピ)が撮り下ろしたもの。“チワワちゃん”役の吉田志織が、成田凌の膝の上に乗り抱きつくビジュアルに「“チワワちゃん”が死んじゃった」というインパクトあるキャッチコピーが並び、ビジュアルとのギャップが印象的な仕上がりとなっている。 

チワワちゃん ポスター

(C)2019『チワワちゃん』製作委員会

『チワワちゃん』は、2019年1月18日(金)より全国ロードショー。