俳優のクリス・ヘムズワースが現地時間17日、映画『メン・イン・ブラック』スピンオフ作品の撮影を終えたことを、Instagramで報告した。

 クリスは、映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』で共演したテッサ・トンプソンと、メガホンを取るF・ゲイリー・グレイ監督の3ショットを投稿。「私の『メン・イン・ブラック』撮影は終了!」と報告。映画の撮影クルー、グレイ監督に向けて「楽しい時間、大きな笑い声、素晴らしい思い出に乾杯。私たちが組み立てきた作品を観るのが待ち遠しいよ」と感謝と期待のコメントをつづっている。

 『メン・イン・ブラック』は、ウィル・スミスとトミー・リー・ジョーンズ主演で、地球に移住したエイリアンたちを監視する秘密組織MIB(メン・イン・ブラック)の活動を描いたSFコメディー。スピンオフは、シリーズ3作品と同じ世界観の中で物語が展開される。撮影はロンドンをはじめモロッコ、イタリア、ニューヨークと世界各地で行われていることから、映画もグローバルな規模での展開が予想される。

 クリスやテッサの他、キャストにはリーアム・ニーソン、レベッカ・ファーガソン、『メン・イン・ブラック3』でエージェントOを演じたエマ・トンプソンが名を連ねる。2019年6月14日全米公開予定。(編集部・倉本拓弥)