週末に公開される新作映画の中から、dmenu映画編集部がセレクトした作品をお届けする『週末シネマ☆PICKUP』。10月26〜27日に公開される最新作を紹介! 見逃し厳禁な最新映画をお届けします。

旅猫リポート(10月26日公開)

【あらすじ】
野良猫として誇り高く、タフに生きてきたナナ(CV:高畑充希)。人間は信用ならないし、なれ合うなんてまっぴら。でも定期的においしいものをくれる優しい青年・悟(福士蒼汰)のことは、ちょっと気に入っている。ある日、一瞬のタイミングのずれで車に轢かれ大けがを負ってしまったナナ。薄れゆく意識の中、ナナが必死で助けを呼んだのは悟だった。この日からナナは悟の猫になり、ふたりは家族になった。いつもナナのことを一番に考えてくれる、優しい悟。それなのに、ある事情で悟はナナを手放す決心をする。ナナの新しい飼い主を探すため、悟はナナを愛車に乗せ最初で最後の旅に出た――

現在世界16か国で翻訳されている有川浩の人気小説を、有川本人も脚本作りに参加し実写映画化。福士蒼汰が自身の動物愛を全開に心優しい青年・悟を等身大の演技で魅せるほか、猫のナナの声を高畑充希が演じる。共演には竹内結子、広瀬アリス、大野拓朗、山本涼介ら豪華な面々が揃い、三木康一郎監督がメガホンをとる。

【関連記事】
『旅猫リポート』には史上最高の福士蒼汰がいる
【インタビュー】福士蒼汰、俳優人生を支える作品とは?

オズランド 笑顔の魔法おしえます。(10月26日公開)

【あらすじ】
夢と希望にあふれて、彼氏と同じ超一流ホテルチェーンに就職した波平久瑠美(波瑠)に言い渡されたのは、系列会社が運営する地方の遊園地グリーンランドへの配属辞令だった……!ふてくされながらも、“魔法使い”と呼ばれる風変わりなカリスマ上司・小塚慶彦(西島秀俊)と個性的すぎる従業員たちに囲まれる日々を過ごすうち、少しずつ働くことの楽しさ・やりがいに気づいていく。小塚に対して、憧れとも恋ともわからない感情を抱きだしたある日、久瑠美は小塚の秘密を知ってしまう――

知っているようで知らない“遊園地の舞台裏”を舞台にした、がんばるアナタにポジティブな魔法をかけるお仕事エンターテインメント。メガホンをとるのは波多野貴文監督。

【関連記事】
【インタビュー】西島秀俊「絶叫系はあまり得意じゃない」

あいあい傘(10月26日公開)

【あらすじ】
恋園神社のある小さな田舎町。年に一度の祭りが近づいた日、さつき(倉科カナ)は25年前に姿を消した父の六郎(立川談春)を探しにその町へやって来た。宿に向かう途中、偶然にも六郎を知るテキ屋の清太郎(市原隼人)と出会い、祭りの取材をしたいという嘘をついて町を案内してもらうことにする。散策しながら次第に明らかになる現在の六郎の生活。さつきは意を決して、父の新しい家族──奥さんの玉枝(原田知世)と彼女の一人娘に会いに行こうとする――

舞台演出家で俳優の宅間孝行が自身が主宰する劇団が11年前に初演した舞台を映画化。生き別れてしまった父と娘の切なくも心に沁みる5日間の物語を描く。倉科カナが主人公・さつきを、立川談春が父・六郎を演じる。

【関連記事】
【インタビュー】倉科カナ「さつきは絶対に私がやるべき役だと思った」

search/サーチ(10月26日公開)

【あらすじ】
忽然と姿を消した16歳の女子高生マーゴット。行方不明事件として捜査が始まる。家出なのか、誘拐なのかわからないまま37時間が経過。娘の無事を信じる父デビッドは、彼女のPCにログインしSNSにアクセスを試みる。Instagram、Facebook、Twitter…そこに映し出されたのは、いつも明るく活発だったはずのマーゴットとはまるで別人の、自分の知らない娘の姿があった――

サンダンス映画祭2018で観客賞を受賞した、100%すべてPC画面の映像で展開するサスペンス・スリラー。気鋭の才能アニーシュ・チャガンティの初長編監督作作品。

【関連記事】
どうやって撮影した?「視点」を揺るがす、3つの異色映画
【映像】新たな手法「スクリーン・ライフ」とは一体何か?

ライ麦畑で出会ったら(10月27日公開)

【あらすじ】
1969年、アメリカ・ペンシルベニア州。学校一冴えない高校生のジェイミーは、周囲ともなじめない孤独な生活を送っていた。そんなある日、若者のバイブル『ライ麦畑でつかまえて』に感銘を受け、演劇として脚色することを思いつく。しかし、舞台化には作者であるJ.D.サリンジャーの許可が必要だと知る。そこで、連絡を取ろうと試みるものの、隠遁生活をする作家の居所はつかめないまま。その最中、学校である事件が発生し、ジェイミーは寮を飛び出してしまう。そして、演劇サークルで出会った少女のディーディーとともに、サリンジャー探しの旅に出る――

青春小説の金字塔として、世代を超えて愛されているJ.D.サリンジャーの『ライ麦畑でつかまえて』に心を奪われた青年の成長を描いた青春映画。本作が長編監督デビュー作となったジェームズ・サドウィズ監督の実体験を基に描く。

【関連記事】
『ライ麦畑でつかまえて』は何故アメリカ文化で重要なのか

色づく季節に、劇場で映画はいかが?

どれを観るのか? どれから観るのか? 迷うものばかり! 映画館で最新作とともに最高のひとときを。