今年4月期の田中圭主演ドラマ「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)が、海外に誇れる魅力あるドラマを表彰する「東京ドラマアウォード2018」の作品賞・連続ドラマ部門でグランプリに輝いた。同作では田中圭が主演男優賞に、吉田鋼太郎が助演男優賞に輝き、3冠を達成。また、最多受賞は「逃げるは恥だが役に立つ」の野木亜紀子脚本の1月期TBS系ドラマ「アンナチュラル」。主演女優賞の石原さとみをはじめ6冠となった。

 連続ドラマ部門の作品賞グランプリに輝いた「おっさんずラブ」は、2016年12月末に放送された単発ドラマを連続ドラマ化したもので、33歳のモテない主人公・春田創一(田中)が、内面は乙女な上司・黒澤武蔵(吉田)と、同居するドSイケメンの後輩・牧凌太(林遣都)の板挟みにあうラブコメ。第6話放送(5月26日)直後には、ハッシュタグ「#おっさんずラブ」がTwitterの世界トレンド第1位になる猛反響を呼び、最終回の無料見逃し配信がテレ朝史上最高の121.2万回再生を記録。放送終了後も、主演・田中の2年前の写真集がオリコンBOOKランキング「写真集」部門でトップ10入りするなど、社会現象を巻き起こした。

 最多受賞となった「アンナチュラル」では、作品賞・連続ドラマ部門優秀賞のほか、石原さとみが主演女優賞、野木亜紀子が脚本賞、塚原あゆ子が演出賞、制作チームが特別賞、米津玄師が主題歌賞(「Lemon」)を受賞。主題歌「Lemon」のYouTubeで公開されたMVは、6か月で1億5,000万回再生を突破している。

 その他、作品賞・連続ドラマ部門優秀賞に、有村架純主演の朝ドラ「ひよっこ」、高畑充希&竹内涼真の共演で話題を呼んだラブコメ「過保護のカホコ」(2017・7月クール・日本テレビ系)、映画化も発表された長澤まさみ主演の月9「コンフィデンスマンJP」(2018・4月クール・フジテレビ系)、清武英利のノンフィクション小説に基づく佐藤浩市主演の社会派ドラマ「石つぶて~外務省機密費を暴いた捜査二課の男たち~」(2017・WOWOW)が輝いた。

 単発ドラマ部門の作品賞グランプリは、2017年9月に放送され、宮崎あおいが葛飾北斎の娘・お栄にふんした「眩(くらら)~北斎の娘~」。なお、宮崎が大泉洋と兄妹役で共演した「あにいもうと」(2018・6月・TBS系)も同部門の優秀賞を受賞している。

 「東京ドラマアウォード」は、作品の質の高さだけではなく、“市場性”“商業性”にスポットを当て“世界に見せたい日本のドラマ”というコンセプトのもと、世界水準で海外に売れる可能性が高い優秀なテレビドラマを表彰する。

 「東京ドラマアウォード2018」受賞作品・受賞者は以下の通り。(編集部・石井百合子)

■作品賞<連続ドラマ部門>

グランプリ「おっさんずラブ」テレビ朝日
優秀賞「ひよっこ」NHK
優秀賞「過保護のカホコ」日本テレビ放送網
優秀賞「アンナチュラル」TBSテレビ
優秀賞「コンフィデンスマンJP」フジテレビジョン
優秀賞「石つぶて~外務省機密費を暴いた捜査二課の男たち~」WOWOW

■作品賞<単発ドラマ部門>

グランプリ「眩(くらら)~北斎の娘~」NHK
優秀賞「あにいもうと」TBSテレビ
優秀賞「琥珀」テレビ東京
優秀賞「黒井戸殺し」フジテレビジョン
  
■作品賞<衛星・配信系ドラマ部門>

優秀賞「小さな橋で」スカパーJSAT
優秀賞「Miss Sherlock」Hulu

■ローカル・ドラマ賞
「You May Dream」NHK福岡放送局
「マザーズ2017~野宿の妊婦~」中京テレビ放送

■個人賞

主演男優賞 田中圭「おっさんずラブ」
主演女優賞 石原さとみ「アンナチュラル」
助演男優賞 吉田鋼太郎「おっさんずラブ」
助演女優賞 阿川佐和子「陸王」
脚本賞 野木亜紀子「アンナチュラル」
演出賞 塚原あゆ子「アンナチュラル」
特別賞「アンナチュラル」制作チーム
主題歌賞 米津玄師「Lemon」(「アンナチュラル」主題歌)

■海外作品特別賞

「お花畑から来た少年」台湾
「KADIN」トルコ
「閉じた心」ベトナム