大泉洋主演の北海道映画シリーズ第三弾となる『そらのレストラン』の公開日が決定、あわせて場面写真がdmenu映画に到着した。

幸せいっぱいの場面写真が一挙解禁

そらのレストランsub7

本作は、洞爺湖を舞台にした『しあわせのパン』(2012年)、空知を舞台にした『ぶどうのなみだ』(2014年)に続く、北海道映画シリーズ第三弾となる作品。北海道・道南にある“せたな町”を舞台に、海が見える牧場で作り出されるチーズと、さまざまな食材が仲間と家族の心を繋ぎ、絆を強めていく様を描く。

そらのレストラン 大泉洋

主演は北海道映画シリーズの過去作品に引き続き、北海道出身俳優の大泉洋。様々な葛藤を抱えながらも一日限りのレストラン開店に向け奔走し、牛を飼いながらチーズ工房を営む亘理役を演じる。

そらのレストランsub1

そして亘理を温かく見守る妻・こと絵役には本上まなみ、東京から一人でやってきて牧羊を営む若者・神戸役に岡田将生が演じるほか、マキタスポーツ、高橋努、石崎ひゅーい、眞島秀和、風吹ジュン、小日向文世らが脇を固める。メガホンをとるのは『神様のカルテ』シリーズの深川栄洋監督。

そらのレストランsub2

このたび解禁となった場面写真は、亘理が妻、娘と仲睦まじく暮らす様子や、仲間たちとレストラン開店に向けてウェイターの練習をしている様子などを切り取ったもの。深川監督は、本作での俳優陣の演出について「5人の男たちが発するチーム感みたいなものを、僕自身楽しみながらそのまま撮っています。岡田将生さん、マキタスポーツさん、高橋努さん、石橋ひゅーいさんと、ほかのメンバーも全員気持ちのやさしい方ばかりで、自分だけ目立ってやろうと考える人は一人もいなかった。むしろ、それが内輪のワルノリでは終わらず、しっかりとキャラクターの実在感に繋がっていったのは、やっぱりこの映画の柱である大泉さんの力かなと。これまで三つの作品でご一緒してきましたが、改めて大きな俳優さんになられたなと思います」と、彼らのチームワークに加え、主演を務めた大泉のリーダーシップに絶賛のコメントを寄せている。映画は2019年1月25日(金)より全国ロードショー。

そらのレストランsub8

そらのレストランsub3

そらのレストランsub5

そらのレストランsub6

(C)2018『そらのレストラン』製作委員会