『女賭博師』シリーズなどで知られる女優の江波杏子さんが、10月27日に肺気腫のため亡くなった。76歳だった。11月2日に所属事務所が公式サイトを通じて発表した。密葬を済ませており「密葬後に、皆様に報告をしてほしいという故人の遺志に従いました。皆様にご報告が遅れましたご無礼お許し下さい」としている。

 サイトでは「去る10月27日(土)21時6分江波杏子が急逝致しました」と発表。26日に呼吸の状態が悪化し、14時に都内病院に入院したが、回復することなく息を引き取ったという。事務所スタッフ一同「あまりに突然の出来事に言葉もありません」とつづっている。

 死因は「肺気腫(慢性閉塞性肺疾患)の急性増悪」。肺気腫は長年患っていたが日常生活に差し障りはなく、10月22日までNHKのラジオドラマ収録に参加し、11月以降もドラマの出演オファーを受けるなど、女優業も順調にこなしていたという。

 江波さんは、1942年10月15日生まれの東京都出身で、母は女優の江波和子さん。1959年、大映に入社し、映画デビュー作は『おとうと』(1960)となっている。初主演を飾った『女の賭場』(1966)の女賭博師ぶりが評判を呼び、翌年から『女賭博師』シリーズが17本製作され、“昇り竜のお銀”としても親しまれた。『津軽じょんがら節』(1973)でキネマ旬報主演女優賞を受賞し、その後も映画・ドラマ・舞台で活躍。近年も『ごくせん THE MOVIE』(2009)、『相棒-劇場版II- 警視庁占拠!特命係の一番長い夜』(2010)、『桜、ふたたびの加奈子』(2013)、『地獄でなぜ悪い』(2013)など話題作に出演した。

 今年は松坂桃李さん主演の『娼年』が公開。3月に行われた完成披露では、本作の依頼が来るまで「老女優として看板を下ろそうかなと思っていた」と引退を考えていたと明かすも、「演じているうちに希望に満ち満ちまして、看板を下ろそうかなと思っている気持ちも吹き飛びました」と語っていた。

 事務所によると、今後も江波さん出演ドラマの放送は続き、「カラスになったおれは地上の世界を見おろした。」(NHK・BSプレミアム)が11月10日に、「山村美紗サスペンス 赤い霊柩車37 猫を抱いた死体」(フジテレビ)が11月16日に、ラジオドラマ「罵詈雑言忠臣蔵」(NHKFM)が12月8日に、「小吉の女房」(NHKBSプレミアム)が2019年1月11日に放送予定となっている。(編集部・入倉功一)