興行通信社発表、最新の週末映画ランキング(11月10〜11日版・観客動員数)を、予告動画とともにお届けいたします。

第3位『ういらぶ。』

累計150万部を突破した星森ゆきもの大人気コミックを実写映画化した『ういらぶ。』が初登場3位!平野紫耀、桜井日奈子をはじめ、伊藤健太郎、玉城ティナ、磯村勇斗、桜田ひよりらフレッシュなキャストの出演で話題となっています。

【関連記事】
イマキテル!“異例づくし”の大型新人ジャニーズ・平野紫耀
『ういらぶ。』玉城ティナ×磯村勇斗のスピンオフドラマが配信開始!

第2位『ヴェノム』

先週1位だった『ヴェノム』が2位にステイ!マーベル・コミック『スパイダーマン』の人気ヴィラン(悪役)、ヴェノムを主人公にした本作は、マーベル映画を通して初の悪役主人公ということで話題を集めています。

【関連記事】
スパイダーマンを喰う存在感!? 人気のスーパーヴィランたち
新たな悪者ヒーロー『ヴェノム』に期待する理由

第1位『ボヘミアン・ラプソディ』

伝説のバンド「クイーン」のリード・ヴォーカル、フレディ・マーキュリーの生き様を描いた『ボヘミアン・ラプソディ』が初登場1位!公開直後から、音楽ファンのみならず話題を集め、すでにリピートで観ている人も続出。伝説のライヴエイドを再現した圧巻のライブシーンは、再現率が100%だと評判となっています。

【関連記事】
日本語の楽曲!? フレディ・マーキュリーと日本の意外な関わり

TOP3以外は?

初登場ではその他に、6位に『GODZILLA 星を喰う者』、7位に『続・終物語』、9位に『ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』と人気アニメ勢が、そして10位に「Mr.ビーン」シリーズでお馴染みのローワン・アトキンソン主演『ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲』がTOP10にランクインしました。

1位『ボヘミアン・ラプソディ』
2位『ヴェノム』
3位『ういらぶ。』
4位『スマホを落としただけなのに』
5位『映画HUGっと!プリキュア・ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ』
6位『GODZILLA 星を喰う者』
7位『続・終物語』
8位『旅猫リポート』
9位『ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』
10位『ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲』

「映画作品」「人気記事」ランキングはこちら