嵐の二宮和也、関ジャニ∞の錦戸亮、戸田恵梨香が兄妹を演じたドラマ「流星の絆」(TBS系)。17日に放送開始から10年を迎えたが、二宮らキャストたちが、10年経った現在でも第一線で活躍し続けている。

 東野圭吾の小説をドラマ化した本作は、功一(二宮)、泰輔(錦戸)、静奈(戸田)の三人兄妹が、幼いころに亡くした両親(寺島進、りょう)の謎を巡る物語。事件から14年経ったある日、功一は両親殺害の事件を担当した刑事・柏原(三浦友和)から、事件の時効があと3か月という知らせを受ける。両親を殺した犯人を自分たちで見つけ出そうとする3人には、ある秘密があった……。

続きはこちら