バラエティ番組への出演も増え、活躍の幅を広げるKing & Princeの平野紫耀。彼はMr.KINGとして活動していたジャニーズJr.時代に、今年3月公開の『honey』の主演を発表し、ファンを大いに喜ばせました。平野をはじめ、ジャニーズJr.はCDデビュー前から俳優としても活動しているメンバーが少なくありません。今回はその中から注目株のメンバーを紹介しましょう。

映画初主演をもぎ取ったJr.のリーダー的存在・安井謙太郎

まずは11月23日公開の『ニート・ニート・ニート』で映画初主演を果たす安井謙太郎。安井は2007年にジャニーズ事務所へ入所し、俳優としては2012年のドラマ「スプラウト」(日本テレビ系)を皮切りに、これまでドラマ7本、映画2本に出演してきました。

また、舞台にも挑戦し、ミュージカル「オーシャンズ11」のほか、「三婆」では大竹しのぶ、渡辺えり、キムラ緑子らベテラン俳優とも共演。俳優としてさまざまな経験を積んでいます。

『ニート・ニート・ニート』での役柄はヤクザに追われるワケありニートの若者。同作には同じジャニーズJr.の後輩・森田美勇人も出演しています。安井は、イベントでは進行役なども任されるJr.のリーダー的存在。演技でも大いに力を発揮し、後輩や共演者を引っ張ってくれることでしょう。

「あの金髪は誰?」SNSでも話題沸騰・阿部顕嵐

今年6月に公開された『空飛ぶタイヤ』で注目されたのが、運送会社の整備士役を演じた阿部顕嵐(あらん)です。同作で演じた、金髪という見た目に対し、仕事にまじめなギャップのある役柄と、その甘いルックスから「あの金髪のかっこいい子は誰?」と、公開直後にSNSなどで話題になりました。

映画初出演にもかかわらず、ジャニーズの先輩であるTOKIO・長瀬智也のほか、ディーン・フジオカ、高橋一生ら豪華キャストの中で存在感を見せた阿部。2014年のドラマ「近キョリ恋愛〜Season Zero〜」(日本テレビ系)で主演をつとめたほか、昨年は舞台「何者」でも主役をつとめ、ダンスと演技で就活中の大学生の心を見事表現しました。俳優としての経験はまだあまり多くありませんが、これからの活躍が期待できるメンバーです。

東京には負けない!関西ジャニーズJr.も要チェック

関西ジャニーズJr.のメンバーで、映画やドラマに出演している筆頭格が西畑大吾です。西畑はこれまで、NHKの連続テレビ小説「ごちそうさん」「あさが来た」、映画『PとJK』『ラストレシピ〜麒麟の舌の記憶〜』(ともに2017年)などさまざまな作品に出演。10月より放送中の「僕らは奇跡でできている」(フジテレビ系)では、大学を遊ぶ場所と考えている、特に人生に目標のない大学生役を演じています。

関西ジャニーズJr.で4年ぶりに結成されたユニット・なにわ男子のメンバーにも選ばれた西畑ですが、俳優としての評価も高く、「僕らは奇跡でできている」の制作発表会見では、共演中の高橋一生から、相手の芝居に合わせて演技を変える、その柔軟性を評価されています。

また、同じくなにわ男子のメンバーの道枝駿佑は、昨年のドラマ「母になる」(日本テレビ系)で、幼いころに誘拐され、10年後に生みの母と出会うという難しい役どころでテレビドラマデビュー。今年は「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」(フジテレビ系)にゲスト出演し、エリート高校生ながら実は裏の顔を持つ少年という二面性のある難しい役柄を見事演じ切りました。同ドラマ放送後には「演技の成長ぶりがすごい」「存在感がある」など、高評価の声がSNSを中心に数多く見られました。

俳優として活躍する道もある これからのJr.の姿

ジャニーズタレントの多くは、Jr.時代から舞台に出演し、歌やダンスだけでなく、芝居の経験も積んでいます。その経験の中で、先輩たちの姿を見ながら学び、身につけたさまざまなことが、デビュー前のドラマや映画への出演につながっているのでしょう。今は生田斗真や風間俊介のように、俳優として活躍するジャニーズタレントもいます。もしかしたら、現在、Jr.として頑張っているメンバーの中にも、彼らの後を追う存在が出てくるかもしれません。

(文/北舘和子)