ジュード・ロウ、ジョニー・デップらキャストと、ハリー・ポッター魔法ワールドの生みの親で脚本家のJ・K・ローリングがダンブルドア&グリンデルバルドの関係を語る映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』特別映像が公開された。ダンブルドア役のジュードが二人の関係について「兄弟以上」だったと意味深に明かす本編シーンも含まれている。

 世界を脅かす力を持つ“黒い魔法使い”となったグリンデルバルドだが、ダンブルドアはそんな彼と学生時代は親友同士だったことで知られている。それだけにローリングは、若きダンブルドアを演じるジュードにダンブルドアに関する全ての情報を話したといい、「ダンブルドアはかつてグリンデルバルドの野望に魅了された暗い過去がある。グリンデルバルドとダンブルドアの関係は、みんなが知っているダンブルドアになるための重要な要因なの」と明かす。

 グリンデルバルド役のジョニーも「彼らは互いの能力を認め合っていたんだ。特にグリンデルバルドは嫉妬心も抱いていたはず。恐らく、愛情や尊敬の念を持つ事に対する苦しみがそこにはあるんだ」と複雑な二人の関係を分析。ジュードは「彼がどうやって(『ハリー・ポッター』に登場する)ダンブルドアになったのか、物語を作り上げていくのが楽しみだよ」と意欲を見せた。

 本作では魔法動物学者の主人公ニュート(エディ・レッドメイン)が、ダンブルドアからの指令を受けて脱獄したグリンデルバルドを追うことになる。(編集部・市川遥)

映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』は11月23日より3D/4D/IMAX同時公開