女優の松岡茉優が、槇原敬之の名曲「どんなときも。」を熱唱する姿を捉えた動画「どんなときも。 song by 松岡茉優」が公開された。

 松岡は『桐島、部活やめるってよ』や「あまちゃん」で注目を浴び、その後も『ちはやふる』『万引き家族』「真田丸」といった話題作に次々と出演を果たしている若手実力派女優。

 ファッションブランド・ロペピクニックによる「どんなときも。 song by 松岡茉優」では、そんな彼女が失恋した女性に変身。同ブランドのアイテムを着用して、名曲「どんなときも。」を歌い上げ、少しずつ自分と向き合うさまを繊細に演じている。

 さらに、撮影現場での様子を捉えたメイキング動画とインタビュー動画もYouTubeで公開となった。世代を超えて愛される名曲なだけに、松岡は今回のカバーについて「『すみません、ありがとうございます』という気持ち」と恐縮しながらも、“感情”を重視して歌ったことを明かしている。

 「もし槇原さんが聞く機会があったら、まあまあ良かったよくらいに思ってもらえるように、歌の上手さは歌手さんではないから出来ないんですけど、俳優として“歌の心”みたいなところを理解したいなと努めました」(松岡)

 歌といえば、初主演映画『勝手にふるえてろ』でもミュージカルシーンでエモーショナルな歌声を響かせ、注目を浴びた松岡。初恋相手を忘れられない主人公・ヨシカ役を務めた同作は、熱狂的な口コミが広がりロングランヒットを記録した。(湯田史代)