映画『メサイア -幻夜乃刻-』(公開中)の初日舞台あいさつが17日、シネマート新宿にて行われ、主演の杉江大志のほか、「メサイア」シリーズ初参加の鈴木身来らが登壇。杉江と鈴木はそろって作品の完成に感慨深げで、鈴木は「みんなに受け入れてもらえるか不安でした。新しい風じゃないけど、ひとついいエッセンスを加えられたらって気持ちで頑張りました」と胸中を明かして、観客から拍手を浴びた。

 「メサイア」シリーズは、世界規模の軍縮協定により、兵器による戦争がなくなり、情報戦が激化した世界に生きるスパイの男たちを描いた作品。今作では今年4月に上演された舞台「メサイア -月詠乃刻-」の直後を描き、有賀涼(井澤勇貴)を救出するために命を懸けた戦いに挑む加々美いつき(杉江)にスポットを当てた物語が展開する。壇上には井澤、橋本真一、宮城紘大、内田裕也、波岡一喜、山口ヒロキ監督も登場し、キャストの一人でもある小谷嘉一がイベントの司会を務めた。

 新シリーズ初の映像作品で、公開前には不安があったという杉江は「長く続いている作品。その中で、加々美いつきと有賀涼は愛されてきたキャラクター。その二人にとっても集大成的な作品になっている」とコメント。ハザン・リュカ役でシリーズ初参加の鈴木は「出来上がったキャスト、座組の中にどう入っていけばいいんだろうって思っていたんです。でも、みんな温かく迎えてくれて嬉しかった」としみじみ。これに井澤が「メサイアに初めて参加する時はみんなそうですよ」と優しい言葉をかけ、橋本も「撮影中はずっと一生懸命だった」と鈴木の奮闘を称えた。

 鈴木とは対照的に、一嶋晴海役の内田はシリーズに長く関わってきたキャストの一人。「新しく入ってくる人は、みんなかっこいいし芝居もうまい」と絶賛しながら「僕がどんどん影が薄くなっていく」と苦笑した。また、山口監督は新シリーズの劇場版完成にキャスト同様、感慨深げで「いつものメサイアと比べて、物語が違う感じになっている。結構驚きの展開にしたい」とこだわって撮影したことを明かしていた。(取材・文:名鹿祥史)