松尾由美の恋愛小説を高橋一生と川口春奈のダブル主演で映画化する『九月の恋と出会うまで』の公開日が2019年3月1日に決定し、予告映像とポスタービジュアルが公開された。あわせて追加キャストも発表となった。

 「書店員が選んだもう一度読みたい文庫」恋愛部門第1位に選ばれた同名小説を原作に、高橋が恋愛映画としては初の主演となる『九月の恋と出会うまで』。少し不思議なマンションに引っ越してきた志織(川口)と小説家を志す隣人の平野(高橋)が織りなす奇跡のラブストーリーが展開する。ある日、志織の部屋から聞こえた「未来からの誰かの声」によって、志織は一命を取り留める。しかし、平野は志織にタイムパラドクスが生じることに気がつき、必死に彼女を助けようと奮闘する。

 公開された予告編では、一命を取り留めた志織がこのままだと「運命が修正されていずれ彼女は消滅してしまう」と気づいた平野が奮闘する姿が印象的に登場。彼女を救う唯一の方法は、未来からの声の主を探すこと。たとえ自分が運命の人ではないと分かっていても、愛する人を守りたいという平野の一途な思いが伝わってくる、切なさも感じられる仕上がりに。また、この映像でも聞くことのできる主題歌には、これまでの多くの作品に楽曲を提供してきたandropの書き下ろしの新曲「Koi」(発売未定)が選ばれた。

 あわせて公開されたポスタービジュアルでは、平野の目線の先に優しくも少し切ない表情で手を合わせている志織の姿あり、別の空間にいる2人の間にはまるで境界線が引かれているかのように白い光が。この光の意味するものも気になるところ。

 さらに、追加キャストも発表されており、志織が引っ越してくる不思議なマンションの住人を浜野謙太と中村優子が演じる。そして、志織の同じ職場で志織の相談相手でもある同僚役に川栄李奈、平野と志織の恋路に影響を与える役に古舘佑太郎、さらに物語が進むにつれて重要な鍵を握ることになる役どころにはミッキー・カーチスと、多彩な顔ぶれが揃う。(編集部・大内啓輔)

映画『九月の恋と出会うまで』ストーリー

ちょっと不思議なマンションに引っ越してきた志織は、小説家志望の隣人・平野と運命的に出会う。
そして、新しい部屋で突然聞こえてきた不思議な声──。
「こちらは一年後の未来です。あなたに危険が迫っています!」
それは強盗殺人にあうところだった志織を助けようと時空を越えて届いた、未来からの誰かの声だった。
相談を受けた平野は、助かった志織に〈タイムパラドクス〉が生じることに気付く。
それは一年後、志織の存在が消えることを意味していた。
必死に自分を助けようとする平野に惹かれていく志織だったが、平野との別れは近づいていた──。