ジャッキー・チェンが、復讐の鬼と化す主人公を演じる、スタイリッシュ・サスペンスアクション『THE FOREIGNER(原題)』が、2019年のゴールデンウィークに日本公開されることが明らかとなった。

ジャッキーが復讐に燃える男を体現

ロンドンでレストランのオーナーとしてつつましい生活を送るクァン・ノク・ミン。たったひとりの愛する人=高校生の娘が政治的なテロにより命を奪われたことで、クァンは復讐の怒りに煽られ、長い間隠してきた過去が爆発する。犯人を探すうちに、北アイルランド副首相のリーアム・ヘネシー(ピアース・ブロスナン)にたどり着く。彼は、官僚としての現在の仕事を、過去に抱えた問題に脅かされていた。やがて、ふたりの男の隠されていた過去が徐々に暴かれていく――

ジャッキーが本作で演じるのは、つつましい生活を送っていたが、娘の命を奪われたことをきっかけに、元特殊部隊のスキルを活かし、政府とテロリストを相手にその謎を徹底的に追っていく復讐の鬼と化す主人公のクァン。正義、報復、贖罪が刺激的なストーリーの中心となり、今までのジャッキー作品の中で最もスタイリッシュでシリアスなストーリーが展開される。

共演には『007/トゥモロー・ネバー・ダイ』で、ジェームズ・ボンドを演じたピアース・ブロスナン。メガホンをとるのは『007/ゴールデンアイ』『007/カジノ・ロワイヤル』を監督したマーティン・キャンベル。脚本は、『エネミー・オブ・アメリカ』、『ダイ・ハード4.0』のデヴィッド・マルコーニ。さらに音楽は、『ドライヴ』や『オンリー・ゴッド』のアンビエントなサウンドで一躍脚光を浴びたクリフ・マルティネスが務める。

このたびdmenu映画に到着した場面写真は、ジャッキー演じる傷だらけのクァンが無差別テロによって失った娘を失意の表情で抱きしめているシーン。幸せだった生活が、突然襲ってきた理不尽な出来事により崩されてしまった男の、極限の悲哀が伝わってくるカットとなっている。映画は2019年ゴールデンウィークに新宿ピカデリーほか全国ロードショー。