人気恋愛リアリティー番組「バチェラー・ジャパン」の“2代目バチェラー”として注目を浴びた小柳津林太郎(おやいづりんたろう)が、22日に放送されるテレビ朝日系のドラマ「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」(毎週木曜よる10時)第6話にゲスト出演することが明らかになった。

 「リーガルV」は、ある理由で資格をはく奪された元弁護士・小鳥遊翔子(米倉涼子)が、ワケありの弱小弁護士集団「京極法律事務所」を立ち上げ、どんなに不利な訴訟でも“勝利”を手にするため突き進む姿を描くドラマ。

 ただ一人の理想の男性=バチェラーが、多数の女性の中から最高のパートナーを選ぶ「バチェラー・ジャパン」のシーズン2にバチェラーとして参加し、その華麗なる経歴と甘いマスクで女性陣をとりこにした小柳津が、本作では婚活詐欺の被害者・塩見一郎(矢部太郎)が入会していた高級婚活相談所の“話し方講師”にふんし、女性を夢見心地にさせる話術を伝授する。

 普段はエリートサラリーマンとして働く小柳津にとって、ドラマ出演はNHK連続テレビ小説「半分、青い。」で、ヒロインが開発したDVD「イケメンに慣れるための99のレッスン」に登場するイケメンを演じたのに続いて2度目。民放ドラマ初出演となる。

 小柳津は「オファーを頂いたことを大変光栄に思っています。私は普段サラリーマンとして仕事をしているのですが、サラリーマンがドラマに出させていただくという意外性を存分に堪能し、やりきりたいと思いました」とオファーを受けた心境を告白。

 セリフは2行のみだったが、「何パターンも実験して、自分なりのベストを出し切ること」を大事にしたといい、「ドラマ出演は2回目になるのですが、今回はスタジオではなくロケでしたし、たくさんの方々とご一緒させていただく中で、良い意味での緊張感が自然と湧いてきました」と撮影を振り返った。

 また、主演の米倉と同じシーンでの共演はなかったが、「実は、2012年に私がニューヨークで事業を立ち上げている最中に、米倉さんがブロードウェイにてミュージカル『CHICAGO』に挑戦されておりまして、実際私も見に行きました」という小柳津。

 「日本から大きな挑戦をされている姿がとても印象に残っています」と尊敬のまなざしを向け、自身も「一度限りの人生、失敗を恐れず、何事にもチャレンジしていく所存です」と明かしている。(編集部・中山雄一朗)