[ロサンゼルス 19日 ロイター] - 米カリフォルニア出身のラッパーで俳優のスヌープ・ドッグ(47)が19日、ハリウッドの殿堂入りを果たし、「ハリウッド・ウォーク・オブ・フェイム」で星形のプレートに名前が刻まれた。

 1993年にデビューアルバム「ドギースタイル」をリリースしてから25年目で、名誉あるこの日を迎えた。

 お披露目の式典でドッグは「自分を信じてハードワークを続けてきた自分にお礼を言いたい」などと自身のこれまでの苦労を振り返って述べた。

 ラッパーとして早くから成功したあとは、俳優として『スタスキー&ハッチ』『トレーニング・デイ』など映画やTVドラマに出演、プロデューサーとしても活動している。先月には初の料理本も出版した。

 式典にはドクター・ドレー、クインシー・ジョーンズ、ファレル・ウィリアムス、ジミー・キンメルら盟友も参加、お祝いの言葉を述べた。