映画『ジュラシック・ワールド』シリーズなどの俳優クリス・プラットが、ヴァル・キルマー主演の映画『セイント』(1997)のリブート企画で、主演候補の交渉に入ったとDeadlineなどが報じた。

 英作家レスリー・チャータリス原作のセイントシリーズを基にした作品で、テレビシリーズでは、『007』シリーズでおなじみのロジャー・ムーア主演「セイント/天国野郎」、英俳優イアン・オギルビー主演の「テンプラーの華麗な冒険」などがある。主人公サイモン・テンプラー、通称“聖人(セイント)”が、世界を股に掛け、神出鬼没の活躍をするというストーリー。

 製作は『トランスフォーマー』シリーズやテレビシリーズ「ザ・シューター」のロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラが担当し、クリスの出演交渉によってシリーズ化を狙っているようだ。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)