ブロードウェイ・ミュージカル「ハミルトン」で主演・脚本・作詞・作曲を担当し、映画『モアナと伝説の海』では主題歌含めた全11曲を手掛けたリン=マヌエル・ミランダが、ハリウッド殿堂入りを果たすことが主催する Hollywood Chamber of Commerce によって発表された。

 授賞式は、11月30日(西海岸現地時間)午前11時半に、パンテージズ劇場の前で開催され、ゲスト・スピーカーにはアル・ヤンコビック、レネイ・エリース・ゴールズベリイなどが参加する予定。

 リン=マヌエル・ミランダは1980年ニューヨーク生まれ。コネチカット州のウェズリアン大学在学中に、家族や仲間がたくましく懸命に生きるワシントンハイツのエネルギッシュな毎日を描いたミュージカル劇「イン・ザ・ハイツ」を手掛け、2005年に自ら主演。2007年にはオフ・ブロードウェイで上演し、2008年にはブロードウェイに進出。トニー賞の最優秀作品賞含む4冠を達成する。

 ミランダは世間から注目を浴び、数々のテレビシリーズにも出演。2015年主演・脚本・作詞・作曲を務めたミュージカル「ハミルトン」がブロードウェイで記録的な成功を収め、トニー賞で11部門を受賞する快挙を成し遂げ、世界的なスターとなった。その後、ディズニー・アニメーション『モアナと伝説の海』では作曲を手掛け、主題歌「どこまでも How Far I’ll Go」でアカデミー賞歌曲賞にノミネートされた。

 現在は出演したディズニー映画『メリー・ポピンズ リターンズ』の公開が控えている。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)