[10日 ロイター] - 英ロックバンド、クイーンの代表曲「ボヘミアン・ラプソディ」が10日、世界で最もストリーミングされた20世紀の楽曲となった。

 ユニバーサル・ミュージックによると、SpotifyやApple Musicを含むオンデマンドのサービスや、YouTubeでの配信を通じたストリーミング回数を調べた結果、同曲とミュージックビデオの再生回数は、全世界で16億回を超えた。

 米ロックバンド・ニルヴァーナの「スメルズ・ライク・ティーン・スピリット」やガンズ・アンド・ローゼズの「スウィート・チャイルド・オブ・マイン」の再生回数を上回り、最もストリーミングされたクラシックロック・ソングだという。

 バンドのボーカルだった故フレディ・マーキュリーを描いた映画『ボヘミアン・ラプソディ』の大ヒットで、新たな世代の間でもクイーンの人気が高まっている。