作品ランキング

映画動員ランキング※1/12〜1/13興行通信社調べ
マイシアターとは?
お気に入りの映画館を「マイシアター」に設定しておくと、上映中の作品やスケジュールがかんたんに確認できるようになります。
マイシアターは2つまで設定できます。
マイシアターとは?
お気に入りの映画館を「マイシアター」に設定しておくと、上映中の作品やスケジュールがかんたんに確認できるようになります。
マイシアターは2つまで設定できます。
マイシアターとは?
お気に入りの映画館を「マイシアター」に設定しておくと、上映中の作品やスケジュールがかんたんに確認できるようになります。
マイシアターは2つまで設定できます。

人気記事ランキング

  • TOP
  • 新着記事
  • 楽譜が読めなくてもOK!プロっぽく弾けるピアノテクニック
楽譜が読めなくてもOK!プロっぽく弾けるピアノテクニック
Sergiy Tryapitsyn / PIXTA(ピクスタ)

楽譜が読めなくてもOK!プロっぽく弾けるピアノテクニック

promoted

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

学生時代の合唱コンクールなどで、ピアノで伴奏する同級生に憧れた経験はありませんか? その演奏うんぬんという以前に、“ピアノを弾く”という姿そのものがカッコよく見えるもの。皆さんも一度は「ピアノが弾けたら……」と思ったことがあるのではないでしょうか? 

dmenu内のアンケートサイト『みんなの声』ではこんなアンケートを実施してみました。

哀愁のある曲&定番ウェディングソングがピアノ演奏で人気

 

「一度は聞いたことがある! ピアノで弾けたらかっこいいと思う曲は?」というアンケートでは、言わずとしれた名曲・ベートーヴェンの【エリーゼのために】が1位に輝きました。そのほか、難易度高めの【幻想即興曲】が3位に入るなど、哀愁のある曲が人気のようです。

一方、「弾いてみたいJPOPは?」では、1992年の発表以来、数多くのアーティストたちがカバーしてきた【糸】が1位に。2018年3月にリリースされ大ヒットを記録した【Lemon】が2位、平成の歌姫の代表曲【CAN YOU CELEBRATE?】が3位に入るなど、新旧の名曲たちがランクインしています。

定番ソングが弾ければ、披露宴や二次会などの余興を頼まれたときにも役に立ちますね。弾き語りなんかできたら一目も二目もおかれそう! うーん、これはぜひピアノが弾けるようになってみたい。

動画を見ながら弾くだけでピアノの達人になれる!?

とはいえ、ドレミの鍵盤の場所が分からなければ、楽譜もまるっきり読めない初心者にとっては、ピアノで曲を弾くというのはかなり厳しい話。筆者などはピアノを6年間習っていたにも関わらず、練習嫌いでド下手くそだったため、ひたすらコーラス要員でした。現在は5歳の娘をピアノ教室に通わせて、幼き日の淡い願いを密かに託しています。

そんな筆者の目にふととまったのが、ネットの動画投稿サイト。探してみると、ピアノが上手く弾ける……ように見せるテクニックを紹介する動画が、次々と出てくるではないですか! これならピアノ教室をウン十年前に辞めて、弾き方も楽譜の読み方もすっかり忘れた筆者でも、それっぽく演奏できそうです。

まず、チャレンジしてみたのは、「HOW TO FAKE PIANO SKILLS - PLAY WITHOUT KNOWING HOW」という海外の動画で紹介されていたテクニック。筆者の貧相な英語力で解読したところ、どうやらオーストラリアのコメディアン・Sam Tucker氏による動画のようです。演奏スキルがなくてもまるで上級者が弾いているかのように見せる演奏法を、ジョークを織り交ぜながら紹介しています(多分)。

パート1からパート3まで公開されていたので、順に挑戦してみました。

【HOW TO FAKE PIANO SKILLS - PLAY WITHOUT KNOWING HOW】

URL:https://www.youtube.com/watch?v=OH-wJZQI0jY

パート1は黒鍵のみを使った演奏法で、1オクターブ違う同じ音を親指と小指で弾きます。それをそれぞれ両方の手で適当に弾くだけで、サマになる音楽になるというもの。1分20秒あたりからが完成形です!

実は映像で見ているだけだと「イマイチ」と思っていたのですが、実際に弾いてみると意外としっくりいい感じに聞こえました。弾いているところを娘に聞かせてみたところ、「お母さんすごいね、かっこいい!」とべた褒め。これはいけるかも……?

【How To Fake Piano Skills (PART 2)】

URL:https://www.youtube.com/watch?v=N2SvgCMh7yU

パート2では白鍵のみを使用します。まずは、両手の親指を1オクターブ違いのラの音に置きます。左手は親指のみで鍵盤を押し続けるだけ。右手は親指から小指までを順に、さらに親指から小指に戻るまでを順に弾きます。そのまま1音ずつ音階を下げていけば、あら不思議、アンケートでも人気の高かった哀愁のある曲のように聞こえるではありませんか!

こちらも2分40秒ぐらいから、プロっぽすぎる演奏が始まりますよ! ポイントはなめらかに早く指を動かすことです。

娘も挑戦したがったので教えてみたのですが、正しい弾き方を習っている娘にとっては、邪道すぎる弾き方だったようです。ちょっと混乱してしまったので、慌てて止めました。先生すみません……。

【How To Fake Piano Skills (PART 3)】

URL:https://www.youtube.com/watch?v=P3pVtgKyqlI

最後のパートは、左右それぞれ3本の指で、4つのフレーズを繰り返し弾くというもの。これだけで、弾き語りの伴奏曲になります。

憧れの弾き語りがこんなに簡単にできるなんて! 演奏するフレーズは、今までと異なり左右非対称に指が動くので、脳のトレーニングに良さそうな感じがあります。老後にもやさしいピアノテクニック……!

レッスンでは上達ばかりが求められますが、それには“音を楽しむ”ということが大事なのではないでしょうか? ピアノレッスンに興味のある方は、まずは気軽に動画で演奏を楽しんでみてください!

(文 / 玉手葉子@H14)

記事制作 : H14

評価をしよう!

★を押すと、色が変わるよ!

  • 未評価

マイページに追加しました。

マイページから解除しました。

ログインする

※この機能を使うにはログインが必要です。

  • dアカウントでログイン
  • facebookでログイン
  • Twitterでログイン
  • Yahoo!JAPAN IDでログイン