マッツ・ミケルセン主演のNetflixオリジナル映画『ポーラー 狙われた暗殺者』の配信が1月25日からスタートすることが発表され、殺し屋を演じるマッツのビジュアルが公開された。

 同作は、出版社ダークホースコミックから刊行されている、ヴィクター・サントスのグラフィックノベルが原作のサスペンスアクション。マッツふんするアイパッチを付けた伝説的な殺し屋が、引退を直前に殺しのターゲットとなってしまったことから、若手ヒットマンたちを相手にしたバトルに挑む。『マチェーテ・キルズ』(2014)、『スプリング・ブレイカーズ』(2013)のヴァネッサ・ハジェンズをはじめ、キャサリン・ウィニック、マット・ルーカスが共演。『ホースメン』(2008)などを手掛けたスウェーデン出身の映画監督ジョナス・アカーランドがメガホンを取った。

 マッツは近年『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(2016)、『ドクター・ストレンジ』(2017)など大作に立て続けに出演し知名度を拡大。「メタルギアソリッド」で知られる小島秀夫監督のPlayStation(R)4向けの新作ゲーム「DEATH STRANDING」(デス・ストランディング)にも出演している。

 Netflixではそのほか、男性ばかりの家族経営のビジネスを継ぐことになった女性の奮闘を描くナイジェリア製作のコメディー『LIONHEART/ライオンハート』(1月4日配信)、名優リチャード・ドレイファス、チェビー・チェイスら共演のコメディー『ラストツアー』(1月11日配信)、ノオミ・ラパス主演のアクション『クロース: 孤独のボディーガード』(1月25日配信)、悪夢と現実が交差するホラー『アニマ』(1月25日配信)をオリジナル映画として1月に配信。

 また、オリジナルドラマとして李氏朝鮮が舞台の時代劇ゾンビスリラー「キングダム」(1月25日配信)、バットマンの相棒ロビン率いる若き少年ヒーローチームの戦いを描く「Titans/タイタンズ」(1月11日配信)、片づけコンサルタント“こんまり”こと近藤麻理恵のリアリティーショー「KonMari ~人生がときめく片づけの魔法~」(1月1日配信)などが配信予定となっている。(編集部・入倉功一)