俳優の佐野岳が22日、都内で行われた映画『ふたつの昨日と僕の未来』初日舞台あいさつに、大森研一監督、主題歌を担当した水樹奈々と共に出席。佐野は、水樹の主題歌「サーチライト」がお気に入りだと語ると、壇上で曲の一部を生歌で披露した。

 物語の舞台となった愛媛県・新居浜市の出身で、同市の観光大使も務める水樹が、作詞と主題歌を担当した本作。作品の内容に向き合い言葉を紡いでいったという水樹に対して、佐野は「エンディングに流れているのを聴いて、本当に作品にピッタリだなと思いました」と感想を述べると、サビの部分を口ずさむ。
 
 すかさず司会者から「ラジオ番組で大森監督とも歌ったんですよね」と突っ込まれると、佐野は「まだ(ラジオのOAのときは)音源が解禁前だったので、監督とアカペラで『こういう感じなんですよ』という意味でちょっと歌ったんです」と説明した。
 
 するとさらに司会者から「ここで歌ってください」とリクエストが。佐野は「えーダメですよ」と言いつつも、大森監督と共にアカペラで「サーチライト」の一部を熱唱する。水樹は満面の笑みで佐野の様子を眺めていたが、佐野は「すみません、ご本人の前で歌ってしまって」と恐縮しきり。それでも会場からは大きな拍手が巻き起こった。
 
 この日は、新居浜市長も応援に駆け付けた。町をあげて作品を盛り上げようとする姿勢に、佐野は「現場では、いつも地元の方々が温かい食べ物を出してくれました。ご飯も一緒に食べる機会が多く、すごくいい雰囲気のなかで撮影ができました。こうした温かい空気が画面の奥からも伝わってくるような作品です」と感謝を述べると共に、作品の温かい雰囲気を強調していた。
 
 本作は、映画『海すずめ』などの気鋭・大森研一監督が手掛けたオリジナルストーリー。かつてマラソンランナーとしてオリンピック出場を夢見ていたが挫折してしまった青年が、くすぶっている現実世界と、成功者として生活しているパラレルワールドを奔走することによって、自分の生き方を模索していく姿を描く。(磯部正和)