週末に公開される新作映画の中から、dmenu映画編集部がセレクトした作品をお届けする『週末シネマ☆PICKUP』。1月4〜5日に公開される最新作を紹介! 見逃し厳禁な最新映画をお届けします。

ホイットニー ~オールウェイズ・ラヴ・ユー~(1月4日公開)

【作品紹介】
ポップス史上に燦然と輝く奇跡のミューズ、ホイットニー・ヒューストン。彼女のパワフルな存在感は、性別、国境、世代、そして人種までをも超えて、同時代を生きた人々に大きな活力を与えた。しかし、『ボディーガード』の成功とボビー・ブラウンとの結婚を境に、薬物問題、複雑な家族問題ばかりが取り沙汰され、48歳という若さで不慮の死を遂げてしまう。いったい彼女に何があったのか――

初公開となるホームビデオや貴重なアーカイブ映像、未発表音源とともに、家族、友人、仕事仲間などの証言を紡ぎ合わせることで見えてきた彼女の真の姿とは? その知られざる素顔に鋭く、フェアに迫る傑作ドキュメンタリー。

【関連記事】
ホイットニーの「オールウェイズ・ラヴ・ユー」はなぜ伝説になったのか?

ワイルド・ストーム(1月4日公開)

【あらすじ】
その日、アメリカ西海岸には史上最大規模の巨大ハリケーンが迫っていた。住民たちが避難する中、財務省の紙幣処理施設を武装集団が襲撃する。それは大災害の混乱に乗じて、6億ドルの現金を強奪しようという前代未聞の犯罪計画だった。施設のセキュリティを担当するケーシー(マギー・グレイス)は、気象学者のウィル(トビー・ケベル)とともに、悪党どもの計画を阻止すべく猛烈な嵐と銃弾の中、決死の行動に打って出る――

超巨大ハリケーンの中で起こる史上最悪の火事場強盗を描いたディザスター・パニック&クライムアクション。『ワイルド・スピード』のロブ・コーエン監督が、『ジオストーム』『タイタニック』などを手がけてきた特殊効果のスペシャリストたちを従え、圧倒的迫力に満ちた映像を描き出す。

【関連記事】
大災害の混乱に乗じ現金強奪…『ワイルド・ストーム』迫力の本編映像

ラブライブ!サンシャイン!! The School Idol Movie Over the Rainbow(1月4日公開)

【あらすじ】
浦の星女学院のスクールアイドルとして参加する最後の「ラブライブ!」で見事優勝を果たしたAqours。新たな学校への編入の準備を進める2年生、1年の前に、想定外のトラブルが連発!? さらに、卒業旅行へ向かった3年生が行方不明に!? 離れ離れになって初めて気づく、お互いの存在の大きさ。新しい一歩を踏み出すために、Aqoursが辿り着いた答えとは――

ゲーム、アニメなどで展開する人気コンテンツ「ラブライブ!」劇場版最新作。メガホンを取るのはテレビアニメ版から続投、あの酒井和男監督。みんなで目指した輝きのその先へ! 未来へはばたく全ての人に贈る、最高のライブエンターテインメント・ムービー!

マイ・ジェネレーション ロンドンをぶっとばせ!(1月5日公開)

【作品紹介】
世界を変えたあの'60s、音楽・ファッション・アート、すべてはここから始まった! はじめて“未来”が若者の手で作られた1960年代イギリス。当時のカルチャー、スウィンギング・ロンドンを描いたドキュメンタリー。ビートルズ、ローリング・ストーンズ、ザ・フー、ツィギー、メアリー・クヮントら、時代の証言者たちによって当時のカラフルな魅力が語られる。本作で製作総指揮を務める英国の名優、マイケル・ケインがナビゲイターとして登場。日本語字幕監修は、ブロードキャスターのピーター・バラカンが務めている。

世界一と言われた映画館(1月5日公開)

【作品紹介】
山形県酒田市に、映画評論家・淀川長治が「世界一の映画館」と評した伝説の映画館、グリーン・ハウスがあった。コーヒーが薫る喫茶スペース、少人数でのシネサロン、ホテルのような雰囲気のロビー等、その当時どこにも存在しなかった設備やシステムを取り入れ多くの人々を魅了した。だが、多くの家屋や人々に被害をもたらした1976年の大火災・酒田大火の火元となり、グリーン・ハウスは焼失してしまう。それから40年余りの時を越えた今、グリーン・ハウスへかつて集った人々が、煌めいた思い出をもとに言葉を紡いでいく。今は亡き名優・大杉漣のナレーションにのせて贈る、忘れ難い場所を心に持つ人々の証言集。

【関連記事】
山形に実在した「伝説の映画館」が遺したモノとは?

新作が続々登場!新年も劇場で最新映画はいかが?

どれを観るのか? どれから観るのか? 迷うものばかり! 残りの正月休み、映画館で最新作とともに最高のひとときを。