米テレビドラマ「ビバリーヒルズ青春白書」がオリジナルキャストで戻ってこようとしているとDeadlineなどが報じた。

 ストーリーなどは明らかではないが、すでにジェニー・ガース、トーリ・スペリング、ジェイソン・プリーストリー、アイアン・ジーリング、ブライアン・オースティン・グリーン、ガブリエル・カーテリスが出演を承諾しているとのこと。残念ながら、ルーク・ペリーとシャナン・ドハティはオーケーしていないようだが、企画の初期段階のため、今後出演が決まる可能性もあるという。

 リブート版は、「新ビバリーヒルズ青春白書」のエグゼクティブプロデューサーだったマイク・チェスラーと脚本担当のクリス・アルベルギーニが手掛けるそう。リブート版の存在については、トーリが今年3月にジェニーと一緒に「ビバヒル」関連の仕事をしているとInstagramで漏らしたことで知られていたが、9か月がたち、ようやく放送局を探すところまでこぎつけたようだ。

 1990年に「ビバリーヒルズ高校白書」としてスタートした同シリーズは、キャラクターの成長と共に「ビバリーヒルズ青春白書」と名前を変え、計10シーズン続いた人気作品。同ドラマからは「メルローズ・プレイス」や「モデル・エージェンシー/女たちの闘い」がスピンオフしたほか、2008年から5シーズンにわたり、リブート版「新ビバリーヒルズ青春白書」も製作された。ジェニーとトーリはこのリブート版にも出演している。(澤田理沙)