映画『トラさん~僕が猫になったワケ~』(2019年2月15日公開)で初主演を務めるKis-My-Ft2の北山宏光。今作で北山は愛すべきダメ夫役に挑戦した。

 映画初出演にして主演を務める北山が演じるのは、主人公のマンガ家・寿々男。彼は代表作「ネコマン」の連載中止後、漫画家としては鳴かず飛ばずで、妻がパートで稼いだお金をギャンブルにつぎ込んでしまう典型的なダメ夫。しかし、どこか憎めない、愛すべき雰囲気も持っているから厄介だ。

 売れない漫画家でギャンブル好き、適当な生活を送る寿々男を演じるにあたって北山は、見た目には髪の毛を黒めにパーマをかけて寝癖をつけてイメージをつくりあげた。そして、だらしのなさを醸し出すために撮影期間中には筋トレもやめて“逆”肉体改造に挑んだのだという。

 “徹底した”役づくりで挑んだ北山だが、彼の主演抜てきの理由について、明石直弓プロデューサーは「ダメ男だけど優しく、家族のことが大好きな寿々男。セリフの緩急が上手く、寿々男同様のやんちゃ感もあり、そして真っすぐなお芝居が魅力的な北山さんはぴったりだと思いました」と明かす。北山も「(原作を)最初に読んだとき、外見とかふとした表情が自分に似ているなと思いました」と語っている。

 物語では、その寿々男は交通事故であっけなく死んでしまい、その後1か月のみ家族のもとに戻って愚かだった人生を挽回することに。姿はトラ猫という条件つきで、家族のために何ができるのかを模索していく。劇中で北山は猫役にも挑戦しており、フェイクファーとウレタン素材で、本物の猫と同じように着色された猫スーツに身を包み、ヒゲや肉球も着けてキュートな“トラさん”に変身している。北山は猫を演じるうえで、原作を読み返したり、猫の動画を観たりしながら動きを研究。猫が2足歩行で歩いたら……というイメージも膨らませたという。

 初主演にして、人間と猫の両役をこなした北山。撮影を振り返って「ネコも人間も演じるなかで、心の変化を表現していくことができる。すごくやりがいがあると思いました」とコメント。自身の雰囲気にも似た役どころを演じる北山の熱演に期待が高まるところ。

 本作では、ダメ夫の寿々男を愛する妻を多部未華子が演じるほか、娘役の平澤宏々路、飯豊まりえ、富山えり子、要潤、バカリズムが共演。テレビドラマ「素敵な選TAXI(センタクシー)」などの演出を手掛けた筧昌也が監督を務めている。(編集部・大内啓輔)