マーベルの人気ヒーロー・スパイダーマンの活躍を描いたアニメーション映画『スパイダーマン:スパイダーバース』の日本版予告編が16日に公開された。また、本作の吹替キャストとして、新たに大塚明夫、玄田哲章ら4名の参加も明らかになった。

 本作の舞台は、時空が歪められ、異なる次元に存在するスパイダーマンたちが集結した世界。スパイダーマンの能力をコントロールできずにいる少年マイルス・モラレスが、スパイダー・グウェンら4人のスパイダーマンと共に、ニューヨークに迫る危機に立ち向かう。

 予告の冒頭では、長年スパイダーマンとして活躍するピーター・パーカーの墓が映し出され、これまで描かれてきたスパイダーマンの物語と異なることを予感させる。彼に代わって街を守るマイルスの葛藤はもちろん、彼と共に世界を救う別次元のスパイダーマンたちの能力、闇社会に君臨するキングピンをはじめとするヴィランたちとの戦いに期待が高まる。

 本作の吹替キャストとして、すでに小野賢章、宮野真守、悠木碧が発表されていたが、今回新たに4名が明らかに。漆黒のスーツが印象的なスパイダーマン・ノワールを大塚が、犯罪王キングピンを玄田が担当するほか、ブタのような容姿のスパイダー・ハム役にアニメ「機動戦士ガンダム00(ダブルオー)」のアレルヤ役でお馴染みの吉野裕行、ロボットとタッグを組むペニー・パーカー役にアニメ「Re:ゼロから始める異世界生活」のエミリア役などで知られる高橋李依が名を連ねる。(編集部・倉本拓弥)

映画『スパイダーマン:スパイダーバース 』は3月8日より全国公開