ドラマと違って映画の醍醐味と言えば、ラストにくる大どんでん返しではないでしょうか。
ラストにくるとも相応しいと言える、観ている人の予想を裏切る展開は超見ものですよね。
今回はその中でも特に驚いたラストの大どんでん返しがすごい映画はどれか調査致しました。
 

■質問内容

 
まさかのラストに驚愕した大どんでん返し映画はどれですか。3つ以内でお選びください。
 

■調査結果

 
1位:シックス・センス 9.0%
2位:ソウ 7.0%
3位:セブン 5.0%
3位:ユージュアル・サスペクツ 5.0%
5位:エスター 4.0%
5位:アヒルと鴨のコインロッカー 4.0%
7位:プレステージ 3.0%
7位:去年の冬、きみと別れ 3.0%
9位:ファイト・クラブ 2.0%
9位:バタフライ・エフェクト 2.0%
9位:グランド・イリュージョン 2.0%
9位:アイデンティティー 2.0%
9位:ミッション:8ミニッツ 2.0%
9位:メメント 2.0%
9位:鑑定士と顔のない依頼人 2.0%
9位:ピエロがお前を嘲笑う 2.0%
9位:オブリビオン 2.0%
9位:ミュージアム 2.0%
9位:インシテミル 7日間のデス・ゲーム 2.0%
 

●1位はあのミステリー映画がランクイン!

 
第1位は「シックス・センス」がランクインしました。
アメリカ映画で日本でも1999年に公開された、今から20年ほど前の映画です。
作品の冒頭には、観ている人の予想を裏切るというナレーションが入ることから、大どんでん返しにはかなり自信があると断言しているようなものですね。
 
果たしてその結果は・・・?
観る人のほとんどが最後に、「あっ!!!」と驚く展開に。
一度ならず何度か見返したくなる作品です。
 
そして第2位は「ソウ」がランクイン。
アメリカのサイコスリラー作品で、シリーズ化もされていますね。
ホラーのイメージが強いですが、猟奇殺人鬼が出る残虐的な作品です。
 
殺人鬼が出す理解不能な脱出ゲームは、最後の最後で大どんでん返しがあり、その意図もそこでようやく理解できるよう。
この最後があってこそ、この作品。
ただあまりにグロい描写が多すぎるので、観る場合は自己責任で・・・
 
第3位は同率で「セブン」と「ユージュアル・サスペクツ」がランクイン。
 
「セブン」は猟奇殺人を描いた作品で、キリスト教の7つの大罪がモチーフとなっています。
残虐的過ぎる殺人が次々と・・・観ている側としてはヘビーですが、そのラストも衝撃的。
 
同じく「ユージュアル・サスペクツ」は、サスペンス映画。
ラストに分かる黒幕は果たして誰なのか・・・!?
大どんでん返しに騙されること間違いなしの作品です。
 

■洋画が圧倒的に強かった!

 
ランクインした作品を見ると、ほとんどが洋画でした。
スケールの大きさや監督、出演者、作品を構成する要素は流石ですね!
まだ観たことがない作品がある方は是非観てみては?
その作品の世界観に魅了されること間違いなしです!
 
2018年12月
調査対象:10~40代の男女
※よしもとJOOKEY調べ