山田孝之が出演はせず、全面プロデュースに携わったことで話題の『デイアンドナイト』。企画・主演を務めたのは阿部進之介。山田が阿部の才能にほれ込み、「もっと実力を発揮できる場を作りたい」と裏方に回ったほどである。長編映画初主演の阿部が山田との関係や本作に込めた思いについて語った。

俳優業にとらわれていない山田孝之

Q:企画から携わったそうですね。

役者は役をいただくことが圧倒的に多いので、その場合だと企画や脚本が自分の表現したいものとは違うことが多いんです。もちろん嫌々やるわけではないですけど、自分が何を表現したいのか発信したいという気持ちがずっと以前からありました。

Q:内容についてはどのように決まったのですか?

最初は(藤井)監督と手探りで、どうしようかというところから始まりました。お互いをもう一つ深く知り合おうと、普段思っていることや疑問、ちょっと恥ずかしい体験や悩みまで話していくうちに、監督が面白いと思うものをピックアップしてくれて、それがだんだん形になっていきました。自分の持っている二面性の話をした時くらいでしょうか。その辺から昼と夜、善と悪、世の中の二面性に監督がフォーカスしていったように記憶しています。

Q:山田さんが参加するようになったのはどのような経緯からですか?

何かの作品の打ち上げの帰りだったと思うんですけど、「いま映画を作ろうと思っているんだよね」とまだプロットもできていなくて、メモを書きとめたような紙一枚の段階で、近況報告のつもりで話したら、「いいね」って興味を持ってくれたんです。

Q:共演でなくプロデュースと言われてびっくりはしなかったですか?

予想はしてなかったですけど、違和感はなかったです。彼は自分が俳優であることにとらわれていないから。映画がすごく好きで、面白いものがあったら、参加してよりいいものを作りたい。よりよい環境にしていきたい。常日頃から、彼がそういう思いを持っていると感じていたので、何の疑問もなかったです。

Q:二人の関係性はずっと若い頃からですか?

10代の時はただ一緒に遊んでいただけだったんですけど、会わなくなってしばらくして、『クローズZERO II』で再会したんです。いつもべったり一緒にいるわけではないですが、話も合いますし、数少ない気心の知れた役者の友だちです。彼は僕の長所や魅力を理解してくれて、それも「阿部進之介っていいよね」くらいではなく、「阿部進之介、めっちゃいいんだよ!」くらいの強い思いを持ってくれているんです。だから今回も脚本を開発する際、「阿部ちゃんに何をやらせよう。どういう役がいいかな」と本当に率先して、いろいろ考えてくれていました。すごくうれしかったし、期待に応えたかった。山田孝之という日本を代表する役者に「こいつ、いいんだよ」って言ってくれているのに、下手な芝居はできないですからね(笑)。

みんなで何度も朝焼けを見た4年間

Q:脚本は4年で28稿まで書かれたそうですね。

脚本を作ることも初めての作業だったので、迷いがあったこともあるのかもしれません。決して最短距離の28稿ではなかったです(苦笑)。脚本に残ってないセリフもたくさんあるんですが、試行錯誤を重ねていく中で、何が必要か不必要かの基準が共有できていったので、撮影現場に入ってからはとてもスムーズに進められたと思います。

Q:そんなに手を掛けていると、形になっていくのが寂しいような気持ちもありませんでしたか?

早く撮りたかったです。この脚本、いつ終わるんだろうと思っていましたから(笑)。昼ぐらいから集まって、朝焼けを見ながら帰ったことも何度もありましたし、それは大変な作業で……。やっぱり役者としては「早く演じたい!」という思いでした。

役者として人間として一区切り

Q:共演の安藤政信さんは山田さんのキャスティングですか?

そうです。孝之が「安藤さんがいい!」ってサシで飲みに行って、口説いたという。安藤さんもスケジュール的に大変なところを孝之の強い思いに押されて、「ぜひ」と承諾してくれた。とても魅力的な方で、映画やこの作品に対する愛を感じました。安藤さんの人柄や魅力に引きこまれていったのは僕自身も、役の明石としてもそうだったので、自然にすっと一瞬で役の関係が作れたと思います。

Q:いろいろな人のいろいろな思いが詰まった作品ですね。

スタッフももちろん同じ気持ちだったので、幸せな気持ちを感じながら撮影をしていました。

Q:この作品は阿部さんにとって、どんな存在になりますか?

「、」って感じですかね。これまでずっとやってきたことの一区切りになるような感覚。僕がいままでの人生において経験してきたことを、人間としても役者としても、ここで全部を吐き出せたらいいと思っていました。でも、人生も役者も続いていくので、それは決して「。」ではない。でも、「、」を一度打てたという感じがしています。

スタイリスト:澤田石和寛(SEPT PLUS)

ヘアメイク: 細野裕之(プュアナプー)

取材・文:高山亜紀 写真:日吉永遠