女優の吉高由里子が、4月スタートの火曜ドラマ「わたし、定時で帰ります。」でTBSドラマ初主演を務めることが明らかになった。

 朱野帰子の同名小説を基にした本作の主人公は、過去にあるトラウマを抱えて以来、「定時で帰る」というモットーを貫く32歳の独身OL・東山結衣(吉高)。近年注目を浴びている「残業問題」を切り口に、曲者ぞろいのブラック上司や同僚たちの間で奮闘する結衣が、毎日に小さな奇跡を起こす姿を描く。

 TBS連続ドラマへの出演は2009年の「ラブシャッフル」以来10年ぶりとなる吉高。本作で演じる結衣は「いい意味で“普通”の女性」だといい、「会社員の経験が一度もなく、不安もありますが、一般の企業に勤めている会社員の友人に話を聞いたりしながら役のイメージを膨らませています」と役づくりについて語った。

 さらに、結衣の元婚約者・種田晃太郎に向井理がふんするほか、仕事に生きる職場の先輩・賤ヶ岳八重役で内田有紀、ブラック上司・福永清次役でユースケ・サンタマリア、仕事の要領が悪い同僚・吾妻徹役で柄本時生、やる気ゼロの新人・来栖泰斗役で泉澤祐希、努力家だが融通が利かない同僚・三谷佳菜子役でシシド・カフカが出演する。

 脚本を手掛けるのは、ドラマ「夜行観覧車」「リバース」でもタッグを組み、繊細な人物描写とテンポの良い展開に定評がある奥寺佐渡子と清水友佳子の二人。演出は「大恋愛~僕を忘れる君と」「あなたのことはそれほど」の金子文紀が担当する。(編集部・吉田唯)

TBSドラマ「わたし、定時で帰ります。」は4月放送開始 毎週火曜よる10時~11時07分