興行通信社発表、最新の週末映画ランキング(1月26〜27日版・観客動員数)を、予告動画とともにお届けいたします。

第3位『ボヘミアン・ラプソディ』

伝説のバンド「クイーン」のリード・ヴォーカル、フレディ・マーキュリーの生き様を描いた『ボヘミアン・ラプソディ』が今週3位! ながらく2位にステイしていましたが、ついに1ランクダウン。しかし、公開12週目に突入しても未だ3位と好調が継続しています。

【関連記事】
『ボヘミアン・ラプソディ』が日本人の心をこんなにも揺さぶる理由
日本語の楽曲!? フレディ・マーキュリーと日本の意外な関わり

第2位『十二人の死にたい子どもたち』

冲方丁原作の同名小説を、堤幸彦監督のメガホンで実写映画化した『十二人の死にたい子どもたち』が初登場で第2位にランクイン! 杉咲花、新田真剣佑、北村匠海、高杉真宙、黒島結菜、橋本環奈ら若手オールスターキャストと、オーディションで選ばれた吉川愛、萩原利久、渕野右登、坂東龍汰、古川琴音、竹内愛紗ら新鋭たちが集結した同作。公開前から話題を多く集め、好スタートとなりました。

【関連記事】
『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真到著!死にたい理由とは?

第1位『マスカレード・ホテル』

先週に続き、2週連続1位となったのは、東野圭吾原作『マスカレード・ホテル』。エリート刑事・新田を木村拓哉、新田と共に事件の真相に迫るホテルマン・山岸を長澤まさみが演じるほか豪華キャストが集結。果たしてこの勢い、どこまで続くのか? 来週以降のランキングにも注目です。

【関連記事】
木村拓哉が見事なハマりっぷり!刑事からホテルマンへの華麗な転身
木村拓哉、3つの“初”『マスカレード・ホテル』に期待大な理由
ロンバケ、HEROの監督が語る“スター・木村拓哉の特性”
『マスカレード・ホテル』菜々緒インタビュー

TOP3以外は?

初登場では7位に『PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.1「罪と罰」』、10位に『愛唄 −約束のナクヒト−』がランクイン。そのほかは初登場組の影響で順位がスライドしたのみにで、先週から大きくランキングが変わることなく全体的に、ロングランで人気を誇る作品が目立つ結果となりました。TOP10は以下の通り。

1位『マスカレード・ホテル』
2位『十二人の死にたい子どもたち』
3位『ボヘミアン・ラプソディ』
4位『劇場版「Fate/stay night [Heaven's Feel]」 Ⅱ.lost butterfly』
5位『シュガー・ラッシュ:オンライン』
6位『映画刀剣乱舞』
7位『PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.1「罪と罰」』
8位『ラブライブ!サンシャイン!! The School Idol Movie Over the Rainbow』
9位『ドラゴンボール超 ブロリー』
10位『愛唄 −約束のナクヒト−』

「映画作品」「人気記事」ランキングはこちら