映画『ボヘミアン・ラプソディ』の監督クビ騒動の真相を、プロデューサーのグレアム・キングが語った。

 当初、『X-MEN』シリーズのブライアン・シンガー監督がメガホンを取っていた本作だが、撮影残り2週間ほどのところでシンガー監督が現場に来なくなったとして、クビになったことが発覚。残りを『サンシャイン/歌声が響く街』のデクスター・フレッチャー監督が引き継いだ。のちにシンガー監督自身は否定したが、フレディ・マーキュリー役のラミ・マレックとの確執も伝えられた。

続きはこちら

【その他の人気記事】

ダウンタウン浜田雅功、プライベートでUSJから入場を断られる「浜田さんはご遠慮ください」

DA PUMP、乃木坂46「レコ大」2連覇を祝福 記者が見た放送後の感動シーン

上戸彩、美谷間チラリ大人のフェロモン放出!「実は恋愛体質」「愛がダントツ一番」素顔を明かす