映画『グレイテスト・ショーマン』や『ハイスクール・ミュージカル』シリーズのザック・エフロンが、髪をプラチナブロンドにイメチェンし、話題になっている。

 新作映画『エクストリームリー・ウィキッド、ショッキングリー・イーヴィル・アンド・ヴァイル(原題) / Extremely Wicked, Shockingly Evil and Vile』で、実在の連続殺人犯テッド・バンディを演じるザックは現地時間26日、米ユタ州で開催中のサンダンス映画祭に出席。ほぼ白にも見えるプラチナブロンドヘアを披露した。

 ザックは、ヘアスタイルを変えたのは役づくりのためかと聞かれると「ただ人生のためだよ」と答えており、単にイメチェンしたい気分だったようだ。なお、映画には『白雪姫と鏡の女王』のリリー・コリンズ、『シックス・センス』の天才子役として名をはせたハーレイ・ジョエル・オスメントも出演している。(編集部・中山雄一朗)