映画『クラークス』『ドグマ』などのケヴィン・スミスが自ら出演・脚本・監督として関わってきた映画『ジェイ&サイレント・ボブ』シリーズの新作『ジェイ&サイレント・ボブ・リブート(原題) / Jay and Silent Bob Reboot』の北米配給が、Saban Films に決定したとDeadlineなどが報じた。

 ジェイソン・ミューズ演じるジェイと、スミス演じるサイレント・ボブが最初に登場したのは、今から25年前のスミス監督のデビュー作『クラークス』。その後も『モール・ラッツ』(日本未公開)、『チェイシング・エイミー』『ドグマ』『ジェイ&サイレント・ボブ 帝国への逆襲』『クラークス2/バーガーショップ戦記』など数々のスミス監督作品に登場している。

 新作にもミューズとスミスは出演予定で、新たな俳優も加わる。リブート、リメイク、続編などさまざまな要素が盛り込まれる作品になるそうだ。昨年2月には心臓発作で病院に担ぎ込まれたスミス監督だが、緊急手術の結果、無事に回復したとのこと。彼の新たな作品に期待したい。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)