俳優の本郷奏多が8日、都内で行われた舞台「TEAM NACS SOLO PROJECT 戸次重幸『MONSTER MATES』」ゲネプロ取材に登場し、本作への意気込みを語った。この日は、前野朋哉、青柳翔、吉沢悠、戸次重幸も出席した。

 不老不死をめぐる男たちの醜い争いの結末を描く本作は、5人によるワンシチュエーションのサスペンスコメディー。精神科医の坂上寛人(青柳)、居候の三波秀和(本郷)、坂上の元患者の今野正志(前野)、ヤクザの桐谷憲次(戸次)のもとに謎の男・Q(吉沢)が現れ、三波に「あなたは不老不死になりました」と告げる。

 本郷は「たくさん稽古してきたので、いよいよ初日を迎えられてうれしいです。先輩方みなさん優しいので、最後まで楽しんでできたらと思います」と気合十分。さらに「楽しかった」と回顧する稽古について「最初に戸次さんが『何かストレスがあったら右手を挙げてください。そしたら僕がなんとかしてノンストレスの稽古場を提供します』と言ってくださったので、緊張せずに入れました。(気遣いが)素敵だと思いました」と振り返り、「(右手を)挙げることもなかったです」と笑顔を見せた。

 作品にちなみ、不老不死になったらという質問が飛ぶと、本郷は「ライオンを倒したいです」と回答。「多分、倒した人はいないと思うので、ちょっとずつ(ダメージを)蓄積させて、こっちは何度も蘇りながら倒していきたい」と願望を明かした。

 また、この日キャスティングについて問われた戸次は、「誤解を恐れずに言うと、笑顔が信用できない4人」とバッサリ。しかし、全員が納得のようで、戸次の「視聴者としてみなさんの作品を観ていて、笑いたくて笑っているのかな? と演技に腹黒さを感じていたから、みんなが持っている役者としての“いい闇”がお声をかけさせていただいた要因」という説明を頷きながら聞いていた。(取材・錦怜那)

舞台「TEAM NACS SOLO PROJECT 戸次重幸『MONSTER MATES』」は2月8日から3月3日まで東京(EX THEATER ROPPONGI)・福岡(福岡国際会議場メインホール)・札幌(道新ホール)・大阪(森ノ宮ピロティホール)で上演