週末に公開される新作映画の中から、dmenu映画編集部がセレクトした作品をお届けする『週末シネマ☆PICKUP』。4月19日に公開される最新作を紹介! 見逃し厳禁な最新映画をお届けします。

キングダム

【あらすじ】
紀元前245年、春秋戦国時代、中華・西方の国「秦」。戦災孤児の少年の信(山﨑賢人)と漂(吉沢亮)は、いつか天下の大将軍になることを夢見て日々剣術の鍛練を積んでいた。ある日、漂は王都の大臣である昌文君(髙嶋政宏)によって召し上げられ王宮へ。信と漂の二人は別の道を歩むことになる……。王宮では王の弟・成蟜(本郷奏多)によるクーデターが勃発。戦いの最中、漂は致命傷を負うが、何とか信のいる納屋にたどり着く。しかし、力尽きる漂。泣き叫ぶ信。漂が手にしていた剣とその地図を握りしめ、信は走り出した。走る先に何があるのかもわからず一心不乱に走る信。たどり着いた先で、信の目に飛び込んできたのは、なんと冷静にたたずむ漂の姿だった――

累計発行部数4,000万部を超える原泰久の同名コミックが実写映画化!主演は山﨑賢人。さらに、吉沢亮、長澤まさみ、橋本環奈、大沢たかお、本郷蒼汰、満島真之介、髙嶋政宏、要潤など豪華俳優陣が集結。メガホンをとるのは佐藤信介監督。

【関連記事】
マンガ実写化に挑み続ける映画監督・佐藤信介の「巧みな青春感覚」
『キングダム』山崎賢人インタビュー
『キングダム』吉沢亮インタビュー
長澤まさみ『キングダム』楊端和役で出した絶対的な強さ
橋本環奈『キングダム』河了貂役で見せた絶妙さ

愛がなんだ

【あらすじ】
28歳のOLテルコ(岸井ゆきの)は一目ぼれしたマモル(成田凌)に想いを寄せている。自分の時間のすべてをマモルに捧げ、その結果、仕事を失いかけても、親友に冷たい目で見られても、マモルがいてくれるならテルコはこの上なく幸せだと思っている。けれど、マモルにとって、テルコはただ都合のいい女でしかない。そのことをわかっているテルコは今の関係を保つことに必死で自分からは一切連絡をしないし、決して「好き」とは伝えない。しかし、そんなある日、マモルからの連絡が突然途絶えてしまう――

平凡なOLテルコの“究極の片思い”を描く、角田光代の同名恋愛小説を、今泉力哉監督のメガホンで映画化。主人公・テルコを演じるのは岸井ゆきの。テルコが一方的に想いを寄せるマモル役を成田凌が演じる。

【関連記事】
【インタビュー】岸井ゆきの&成田凌、2人の間に“愛”はあったのか?

映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~

【あらすじ】
オーストラリアの秘境“グレートババァブリーフ島”で、いまさら初めての新婚旅行を満喫中の野原一家。その夜突然ひろしが消えた。探しに出かけたしんのすけたちが見たものは、仮面族の村で行われていたド派手な結婚式に参列する、花婿姿のひろし! 宝欲しくば、花婿贈れ、天の指輪輝くとき……その島には、50年に一度、金環日食の日にお姫様に花婿を差し出すことで、ご褒美としてお宝が得られるという伝説があった。その花婿に選ばれてしまったのが、ひろしだったのだ。まさかの“ひろし”=お宝のカギ!! 仮面族VS世界中のトレジャーハンターVS野原一家の、超熾烈な三つ巴のひろし争奪戦がぼっ発!!! 果たして、しんのすけたちは、ひろしを奪還し、無事に春日部に帰ることができるのか!? 大冒険の先に、野原一家が見つけたものとは――

【関連記事】
『映画クレヨンしんちゃん』ぺこ&りゅうちぇるインタビュー

シャザム!

【あらすじ】
身寄りのないイマドキの悪ガキ、ビリー・バットソン(アッシャー・エンジェル)。ある日、彼はナゾすぎる魔術師から「選ばれし者よ…」とかなんとか言われ、スーパーパワーをゲット! 悪ガキ仲間のフレディ(ジャック・ディラン・グレイザー)といっしょに、スーパーマンにも負けない怪力をアチコチで試すわ、稲妻パワーをスマホの充電にムダづかいするわで、悪ノリ全開! 止まらない! そんなスーパーパワー絶賛ムダづかい中のビリーの前に、これまたナゾすぎる科学者Dr.シヴァナが現れ、せっかく手に入れた魔法のチカラを狙われることに……。さらには“7つの大罪”とかいうキモ強そうなクリーチャーたちがゾロゾロ召喚されちゃって、相棒のフレディもさらわれちゃって……遊んでる場合じゃないんじゃね? と気づいた彼は、ヒーローらしく本格アクション満載で、最凶激ヤバの敵を倒し、仲間のピンチを救えるのか――

【関連記事】
アメコミ映画はいま「ティーン」ヒーローが増殖中!?

アガサ・クリスティー ねじれた家

【あらすじ】
無一文から巨万の富を築き上げた大富豪レオニデスが毒殺された。私立探偵のチャールズは、レオニデスの孫娘で元恋人のソフィアから捜査を依頼される。広大な屋敷に到着すると、3世代にわたる一族が勢ぞろいし、巨額の遺産を巡って、疑惑と嫉妬、敵意と憎しみをぶつけ合っていた。愛人のいる若い後妻ブレンダ、映画製作の資金が欲しい長男夫妻、父から受け継いだ会社が倒産寸前の次男とその妻、亡き前妻の姉であり一族を取り仕切る大伯母イーディス。まもなくチャールズは、ソフィアを含め一族全員に殺害の動機があったことに気付く。真相に近づいたと思われたその時、第二の殺人が起きる――

アガサ・クリスティーが自ら最高傑作だと誇る、1949年に発表されたミステリー小説『ねじれた家』が映画化。名女優グレン・クローズのほか、ジリアン・アンダーソン、クリスティーナ・ヘンドリックスらがゴージャスでスキャンダラスな一族の女たちを演じる。

【関連記事】
“ミステリーの女王”アガサ・クリスティーの色あせない魅力

新作が続々登場!劇場で最新映画はいかが?

どれを観るのか? どれから観るのか? 迷うものばかり! 映画館で最新作とともに最高のひとときを。