スタジオジブリ制作の長編アニメ映画『天空の城ラピュタ』(1986年)には魅力的なキャラクターが多数存在しますが、中でも一際個性が際立っているのは悪役の“ムスカ大佐”ではないでしょうか。

このムスカ大佐ですが、どうにも世間で過剰に茶化され続けている気がしてなりません。キャラクターをイジられること、ネタとして取り上げられること、それらを“愛されている”と見ることもできますが、そこ止まりではあまりに寂しい。

新元号になって新しい時代の幕開けムードが漂う今、ここはひとつ、ムスカ大佐の生き様を振り返りながら、映画では描かれていない彼の人生についてあることないこと妄想して、ネタキャラとしてではない彼の魅力を見つけてみませんか!

『ラピュタ』の物語を大いに盛り上げた名悪役

『天空の城ラピュタ』は、鉱山で働く少年・パズーが空から落ちてきたミステリアスな少女・シータと出会い、空に浮かぶ島・ラピュタを目指す冒険ファンタジーの傑作です。

亡き父に代わりラピュタを目指す勇敢なパズー。ここぞというときには度胸を見せる可憐なヒロインのシータ。当初はシータの持つキーアイテム“飛行石”を狙う空中海賊として立ちはだかるものの、のちに豪胆な性格と面倒見のよさで2人から慕われるようになるパワフルな女船長・ドーラとその一味。

そんな彼らと敵対するのがムスカという男です。まずは、彼の基本情報をおさらいしておきましょう。

彼は特務機関に所属しており、政府の密命を受け、黒服の男たちを引き連れてシータからラピュタに関わる情報を引き出そうとする怪しい人物として登場します。その正体はシータと同じラピュタの王族の末裔であり、目的はラピュタ人の技術力の結晶である空中要塞・ラピュタを利用し、王として世界を支配することでした。

普段は紳士然として理知的な態度を見せていますが、本性は非常に残虐・自己中心的であり、人を死なせてしまうことに微塵のためらいも見せない、まさに悪役と呼ぶにふさわしいキャラクターです。

ムスカが良くも悪くも愛されている理由

同作がテレビで放送されるたび、クライマックスで登場する滅びの呪文「バルス」がTwitterでトレンド1位を獲得するなど、大きな話題になるのを見たことがある人も多いかと思います。しかしその陰ではなぜか、ムスカの姿を面白おかしく加工した画像や彼を揶揄するコメントがネット掲示板やTwitterに数多く投稿されてきました。

彼が“ネタキャラ”扱いされる原因の大部分は『ラピュタ』ファンの皆さんがご存知のように、彼のインパクトのある発言にあるように思います。

特に「ハハッ! 見ろ、人がゴミのようだ!」や「目が! 目がぁぁぁ!」といった、物語終盤の彼のセリフは一度聞いたらなかなか忘れられませんし、ムスカの代名詞のように捉えている人も多いのではないでしょうか。

物語中盤までは高圧的な態度で視聴者の心象を悪くする行動ばかりを取っていました。ところが、いざラピュタの力を手に入れると盛大におごり高ぶり、うっかりシータにラピュタの運用に必要な飛行石を奪還されるという致命的ミスを犯し、結局最後までそのミスをリカバーできないままラストを迎えてしまいます。

ムスカは基本的にはトラブルにも冷静に対処して駒を前に進めていくインテリキャラなのですが、意外に抜けているところもあり、捕えたシータを拘束もせず側に控えさせ、背後からビンで殴られて気絶してしまうシーンなどはその最たるものです。

そんな人間くささがまた、視聴者の興味を引いてやまないのでしょう。

しかし、ちょっと調子に乗ったばかりにエリート人生を転がり落ちてしまったムスカですが、ラピュタに至るまでに相当な努力をしてきたのではないでしょうか。作中の描写から、ムスカが身につけていた有能さを振り返ってみましょう。

もっとムスカの有能さに注目してほしい

ムスカの有能さを考える前に、まず押さえておきたいのは彼の年齢です。

映画の中で詳しい歳は明らかにされませんが、モウロ将軍(ムスカに「君のアホ面には心底うんざりさせられる」と言われてしまったおじさん)がムスカに対し「特務の青二才が……」とボヤくシーンがあるため、ある程度年若い男なのだということは推察できます。『ロマンアルバム 天空の城ラピュタ』(徳間書店)によると、32歳を想定して描写されていたようです。彼はとてもおじさんくさいカラーのスーツを着ていますし、発言が非常に偉そうですが、意外にも若いのです。

そんな年若いムスカですが、あの偉そうな態度を「まあ許せるかな」と思える程度には、よく観察すると実はハイスペックな人物であることがわかります。

たとえば暴走したロボット兵がシータを追っている緊迫した状況の中、どさくさに紛れて大胆にもモウロ将軍から指揮権を奪取して、シータを傷つけずロボット兵を破壊するように冷静に指示を出していたこと。ドーラ一家の飛行船を撃墜しようと焦るモウロ将軍を諌め進路を指示するなど、飛行戦艦の指揮という専門外であるはずの仕事も難なくこなせていたこと。ラピュタ文字の資料が手元にあったとはいえ、ラピュタのシステムを即座に使いこなしたこと……など。

暗い「玉座の間」で何十メートルも離れた場所に立つシータのおさげを、2度にわたり正確に撃ち抜いたシーンからは、彼の卓越した射撃の腕前がわかります。

ちなみにその後に出てくるムスカの名言の一つ「3分間待ってやる」は、パズーやシータに情けを見せたわけではなく、単純に弾切れだったため弾をリボルバーに込める時間を稼ぐ方便でした。咄嗟の機転を利かせる姿も、ムスカの頭のキレを実感できます。

これらの有能さは、ラピュタにたどり着くまでに、ひいてはラピュタの探索が可能な組織で力を握るためにコツコツと努力して身につけてきたのだろうかと想像すると、あの惨めな最期がちょっとかわいそうになってきます。

セリフから妄想するムスカの人生

ムスカはラピュタの情報に触れると、途端に人間くさくなります。シータがラピュタ語で“困ったときのおまじない”を唱えてロボット兵を動かしたとき、ムスカは喜びに半ば呆然としながら「すばらしい! 古文書にあったとおりだ!」と詰め寄っていました。

また、ラピュタで“黒い石”に刻まれた文字を読めたときも「読める! 読めるぞ!」と興奮を抑えきれていませんでした。ラピュタのシステムを運用できるようになってからのハメの外しぶりは言うまでもありません。そんなムスカの姿からは、彼がどれほどラピュタの発見、ならびに復権を熱望していたかが伝わってきます。

ここで考えたいのは、物語が始まる以前の彼の人生についてです。

ムスカはシータが、ラピュタ人が地上に降りてから700年経ったという歴史を知らなかったことに対して、「君の一族はそんなことも忘れてしまったのかね」と見下すような発言をしています。また、物語の序盤で、シータは飛行石の力について尋ねるムスカに「私なんにも知りません」と訴えています。

つまり、ラピュタ人としての名前とおまじない(呪文)、そして飛行石を子孫に残す以外はラピュタのことを忘れて生きる道を選んだシータの一族とは違い、ムスカの一族は代々「自分たちがラピュタ人である」ということを子孫に伝え続けていたのでしょう。

ムスカはたびたび「古文書」「伝承」という単語を口にしていましたから、「自分たちの一族は700年前に滅んだ伝説の王国の王族の末裔である」という子どもの夢物語じみた話を信じられるだけの資料なども、一族で受け継がれてきたのかもしれません。

作中では、ムスカが幾度かラピュタの素晴らしさについて熱っぽく語るシーンがあります。古文書を解読して得た知識はもちろんでしょうが、子孫から子孫へ、いつかラピュタへ舞い戻り、ラピュタの復興を成し遂げるという願いを、彼の一族が懇々と伝え続けた可能性は低くないでしょう。

ムスカの「700年もの間、王の帰りを待っていたのだ」というセリフも、彼個人というより、長い時間をかけてたどり着いた一族を代表しての発言であるように感じられます。

クライマックスでシータに“なぜラピュタが滅びたのか”を諭されたムスカは、「ラピュタは滅びぬ、何度でも蘇るさ! ラピュタの力こそ人類の夢だからだ!」と力強く言い返します。このセリフからは、ムスカがラピュタを“そう”であると信じているという以上に、自分たちの一族が求め続けたラピュタは“そう”でなくてはならないという切実な想いを感じずにはいられないのです。

ムスカとパズーは似た者同士?

ムスカの人生を考える上で、外してはならないのは同じラピュタ人であるシータ……ではなく、鉱山で働く親なしの少年・パズーです。

パズーはラピュタを写真に収めたものの詐欺師扱いされて死んだ父親を信じ、自分の父親が嘘つきではないという証明のためにラピュタを目指していました。そんなパズーですが、ラピュタと飛行石についての情報を得た際に「父さんは嘘つきじゃなかったんだ!」「すごいぞ、ラピュタは本当にあるんだ!」と笑顔を浮かべています。

パズーは父親を信じていました。しかし、一度も父親を疑ったことがないのかというと疑問が残ります。なにせ証拠は父親の写真1枚きりしかないのです。「本当に自分の父親は嘘つきだったのかもしれない」と心の隅で考えてしまった瞬間もあったのかもしれません。

一方のムスカはどうでしょう。ラピュタの存在を主張したパズーの父親が詐欺師扱いされ(おそらく心労で)死んでしまうような世界で、「お前はラピュタ人の末裔である」と教えられていたムスカ。誰に言ったところで信じてはもらえないでしょうから、秘密を胸に抱えたまま、いつかラピュタを目指すために孤独に力をつけていったのでしょうか。

常識的に考えれば「本当はラピュタなんてないのでは」「古文書も全部嘘っぱちかもしれない」なんて思いが生まれてしまってもおかしくはありません。

ある日突然、空から壊れたロボット兵が地上に落ちてきた日のことを、ムスカはこう振り返っています。

「こいつが空から降ってこなければ、誰もラピュタを信じはしなかったろう」

きっと、そのロボット兵との出会いこそムスカにとっての「自分の一族は嘘つきじゃなかったんだ!」「ラピュタは本当にあるんだ!」の瞬間だったのではないでしょうか。

若くして大佐の地位につき、一族の悲願であるラピュタを目指したムスカ。豊かな暮らしではないだろうにコツコツと自分の飛行機を作って、父の汚名をそそぐために1人でラピュタを目指そうとしたパズー。ある意味で似た者同士の2人が主人公と悪役だったというのはなんとも皮肉な話です。

ムスカは許されないことをした完全な悪役であることは間違いないのですが、それでも彼の人生やラピュタにたどり着くまでの苦労を想像すると、ただのネタキャラ扱いはあまりにかわいそう。一度くらいムスカの人生に想いを馳せて、ほんのちょっとでいいので彼を他のキャラクターたちと同じように愛でてもらえたらうれしいです。

(文/トオノリサ@エクスライト)