メンバー全員でNGを励まし合った 

『映画 ST赤と白の捜査ファイル』藤原竜也&岡田将生 インタビュー

テレビドラマとして人気を博した「ST赤と白の捜査ファイル」の劇場版で、警視庁の特殊機関である科学特捜班(ST)の個性派メンバーが再び難事件に立ち向かう! 天才捜査官・赤城左門を演じた藤原竜也とエリート警部・百合根友久役の岡田将生が、撮影秘話を明かした。

取材・文: 斉藤由紀子 写真: 高野広美

登場人物の言動に謎解きのヒントあり!

Q:事件の難易度も全体のスケール感も、ドラマ版からかなりスケールアップしましたね。 

藤原竜也(以下、藤原):そうですね。ドラマではなかったスケールのものができたと思うし、豪華なエンタメ作品になっていると思います。STメンバーは変わらず突っ走っていますけど、今回は百合根の成長もしっかり描かれていますし、映画の規模としては満足しています。二転三転する先の読めない展開も映画ならではですね。

岡田将生(以下、岡田):今までは「STメンバーVS犯人」だったのが、今回は「STメンバーVS警察組織」という大きな問題に発展していくんです。殺人の容疑を掛けられた赤城が追い込まれていく過程や、登場人物たちがだましだまされ合う展開は、ドラマよりもスケールアップして面白くなっていると思います。

Q:リピートして観たら、「このキャラの表情にはこんな意味があったのか!」など、新たな発見がありそうな気がします。

藤原:あー、そういう観方も面白いでしょうね。例えば、ユースケ(・サンタマリア)さんが演じた天才ハッカーの鏑木だけを追っていっても、事件発生から解決に至るまでのドラマがわかってくるだろうし、物語のキーとなる少女を演じた鈴木梨央ちゃんの言動一つ取っても、重要なヒントが隠されているかもしれない。2度観たら、より楽しめる内容になっているんじゃないかと思います。

『映画 ST赤と白の捜査ファイル』藤原竜也&岡田将生 インタビュー

■長ゼリフにハマってNG出しまくり!?

Q:岡田さんが藤原さんに意見をされることもあったそうですが、お芝居について話し合うことが多かったんですか? 

藤原:僕らだけじゃなく、みんなで話し合っていたよね。

岡田:STメンバー全員が意見し合っていました。ドラマからずっとやってきている気心の知れた方々なので、お互いが支え合ってやり通した感じです。本当に撮影が楽しくて、現場にはいつも笑いが絶えなかったです。

Q:今回も赤城や百合根の長ゼリフが頻繁に登場しますが、NGでご苦労されたりしませんでしたか?

藤原:それはありました。難しい専門用語がうまく台本に入れ込んであるから、なかなかセリフが覚えられないんです。かんだり間違ったりしたら、全員で「大丈夫!」って励まし合っていました(笑)。

岡田:本当に大変でしたよね。僕は、自分の芝居にハマって自分でNGを出す竜也さんを見て、「ああ、またハマっちゃったなあ」とか思いながら、楽しそうに現場にいてくださる姿をうれしく感じていました(笑)。あと、志田未来ちゃん(プロファイリングのエキスパート・青山翔役)もセリフが多かったですよね!

藤原:未来ちゃんはすごい! STのエースですね。真面目な努力家で、難しいセリフで詰まったときは本当に悔しそうにしていました。

『映画 ST赤と白の捜査ファイル』藤原竜也&岡田将生 インタビュー

■男同士の友情を超えた愛とは?

Q:対人恐怖症で上から目線の赤城、お人よしで生真面目な百合根。お互いにキャラクターとご本人が重なる部分はあると思いますか?

岡田:竜也さんは赤城みたいな毒舌じゃありませんし、とてもユーモアがあって空気を和ませてくれる方なので、似ているところはさしてないです。ただ、仕事に対してのプロフェショナルな姿勢は、竜也さんと同じではないかと思います。

藤原:百合根の正面から物事を捉えるストレートさとか、芝居でもそうですけど、相手に目で気持ちを伝えるところとか、岡田くんと百合根とは僕の中でリンクするところがあります。岡田くんは本当に、周りから好かれる人なんですよ。

Q:お話を伺っていると、お二人も赤城と百合根のように通じ合っている感じがします。

岡田:竜也さんにはかわいがってもらっています!

藤原:いや、かわいがっているというのとはちょっと違いますね。僕が普通に接してもらっているだけです(笑)。

岡田:今の言い方だと、僕が上みたいじゃないですか(苦笑)。

Q:赤城と百合根の、男同士の友情を超えているかのような濃い関係性に萌える女子ファンも多いそうですが、お二人はどう受け止めていますか?

藤原:その視点は面白いなと思っています。赤城は自分の中で正しいと思っている「自分の殻」に閉じこもっていたけど、百合根やSTメンバーのおかげでその殻が破れて人間味が持てた。百合根がいてくれるからこその赤城なわけだから、そう思われることはイヤではないですね。二人の関係性には、あたたかいものがあるように思います。

岡田:僕もいいと思います。ただ、個人的には、同性でも異性でも、「恋愛感情すらも超える強い何か」が生まれることってあるような気がするんです。STチームをまとめようとしている百合根は、メンバーたちをちゃんと愛しているから情熱を注げるのだろうし、そんな百合根だからメンバーからも愛されているのだと思う。人間愛的なものをすごく感じます。