胸キュン

ツンデレ英語教師と天才女子高生の恋愛を描いた、山下智久主演の映画『近キョリ恋愛』がいよいよ公開。❝壁ドン❞、頭ポンポン、お姫様抱っこ、教卓の下でのキスなど胸キュンシーンが満載。そこでシネマトゥデイではこの秋オススメの胸キュン映画を勝手にランキング! いちずな愛、禁断の恋、悲恋などさまざま形の恋愛に涙して、キュンキュンして、実りの秋を過ごしちゃいましょう!

第1位『きみに読む物語』

胸キュン

(C)New Line/Photofest 

献身的な愛に号泣必至! 恋愛映画の金字塔

身分違いの純愛を貫く若き恋人同士の情熱的な愛と彼らの行く末がつづられる、珠玉のラブストーリー。本作でブレイクを果たしたレイチェル・マクアダムスと、いまやハリウッドのセクシー男優のトップに君臨するライアン・ゴズリングの、初々しい姿に注目! 

【あらすじ】

家族とひと夏を過ごすためにノースカロライナにやって来た良家の子女アリー(レイチェル・マクアダムス)は、地元の青年ノア(ライアン・ゴズリング)から熱烈なアプローチを受け、やがて愛し合うようになる。しかし、アリーの両親の反対で二人は無理やり別れることに。7年後、婚約中のアリーは再びノースカロライナを訪れ・・・。 

胸キュン

(C)New Line/Photofest 

■ここに胸キュン!■

目覚めたらプチサプライズ!

7年ぶりに再会を果たしたアリーとノアは、再び激しく愛し合う。ある朝アリーが目覚めると、枕元には赤い花と「ぐっすり眠っていたね。朝食を買ってくる。矢印の先に良いものが」という置き手紙が。床の矢印をたどると、そこにはアリーがずっと欲しがっていた絵のキャンバスセットが置いてあった。ノアのさりげない優しさとプチサプライズにキュンキュン!

 

第2位『僕等がいた 前篇』

胸キュン

(C)2012「僕等がいた」製作委員会 (C)2002小畑友紀 / 小学館 

真っすぐな愛に心打たれる壮大なドラマ

高校時代の初恋を描いた「出会い」の前篇、誓った未来を願い、思いを貫く「運命」の後篇の、2部作で贈る壮大なラブストーリー。クラスの3分の2の女子が好きになるという、モテ男を生田斗真が、彼をいちずに愛するヒロインを吉高由里子が演じる。主演の二人のほか、高岡奏輔や本仮屋ユイカなど脇を固める俳優も魅力。

胸キュン

「僕等がいた前篇 スペシャル・エディション(2枚組)」DVD発売中 / 価格:5,800円+税 /
発売元:博報堂DYメディアパートナーズ・小学館 / 販売元:東宝 

【あらすじ】

北海道・釧路に暮らす高校2年の七美(吉高由里子)は、クラスの人気者の矢野(生田斗真)に思いを寄せるように。ふと寂しげな表情を見せる矢野は、かつて事故で失った年上の恋人への思いを引きずっていた。それでもいちずな愛をぶつける七美に、矢野も心を開いていくが・・・。 

■ここに胸キュン!■

「もうダメかも・・・・・・」と思った矢先のプレゼント

付き合いながらも、ぎくしゃくしてしまう矢野と七美。ある夜、帰宅した七美の家のドアノブに、プレゼントが掛けてあった。開けるとそこには、以前矢野とデート中に見ていたときの指輪がキラリ。不器用な矢野からの思いがけないプレゼントに胸キュン!

 

第3位『トワイライト~初恋~』 

胸キュン

(C)Summit Entertainment/Photofest 

ヴァンパイアと女子高生の禁断の恋にドキドキ!

ヴァンパイアと少女の禁断の恋の行方に全世界が熱狂した『トワイライト』シリーズの第1作。当時、プライベートでも恋人関係だったクリステン・スチュワートとロバート・パティンソンの演技に注目。 

【あらすじ】

母親の再婚を機に父と暮らすことにした女子高生・ベラ(クリステン・スチュワート)は、転入先で美少年のエドワード(ロバート・パティンソン)と出会う。知的で謎めいたエドワードに惹(ひ)かれていくベラだったが、彼は1918年から年を取っていない不死のヴァンパイアだった。やがて二人はさまざまな試練を乗り越えて恋人同士になるが・・・。 

■ここに胸キュン!■

キスしたいのに触れられないもどかしさ!

ベラの血を求める本能と愛しているから傷つけたくないという理性の間で、激しく葛藤するエドワード。ベラの部屋でキスしようとするも、顔をゆがめるエドワードにキュン!

 

第4位『近キョリ恋愛』

胸キュン

(C)『近キョリ恋愛』製作委員会 

山Pのツンデレっぷりにノックアウト!?

みきもと凜の人気少女コミックを、『君に届け』『おと・な・り』の熊澤尚人監督が実写映画化した恋愛ドラマ。『渇き。』の小松菜奈が、山下智久演じる英語教師に恋をする女子高校生を演じる。山下演じるツンデレ教師っぷりに、ノックアウトされる女性が続出!? 

【あらすじ】

苦手科目は英語のみで、それ以外はパーフェクトという天才女子高生・枢木ゆに(小松菜奈)。そんな彼女が通う学校に、あり得ないほどカッコイイ、英語教師・櫻井ハルカ(山下智久)が赴任し、彼から特別補習を受けることになる。毒舌なハルカに振り回されながらも、次第にハルカに惹(ひ)かれていくゆに。やがて二人は、教師と生徒という関係にありながらも心の距離が縮まっていき・・・。 

■ここに胸キュン!■

学校でお姫様抱っこ!

ある放課後、ハルカに英語の特別補習を受けていたゆには、二人の様子を快く思わない女子生徒に、倉庫に閉じ込められてしまう。足にケガをしたゆには、ハルカに助けてもらうも、素直になれずその場を去ろうとする。すると体がふわっと持ち上がり・・・・・・なんとハルカにお姫様抱っこしてもらうことに! 

映画『近キョリ恋愛』は10月11日より全国公開

胸キュン

※らくらくスマートフォンでは表示できません。

第5位『好きっていいなよ。』

胸キュン

12月3日ブルーレイ&DVD発売 / ブルーレイ:3,800円+税 /
発売元:講談社 / 販売元:松竹 / (C) 2014「好きっていいなよ。」製作委員会 

注目の若手キャストが演じたラブロマンス

葉月かなえの人気コミックを実写化したラブロマンス。孤独な日々を過ごしてきた少女が、学校で一番のモテ男と出会ったのを機に恋や友情の素晴らしさを知っていく。川口春奈と福士蒼汰という注目の若手俳優がカップルを演じる。青春の輝きを見つめた物語に胸がときめく! 

【あらすじ】

友人や恋人を作らず、誰とも関わらないように生きてきた16歳の橘めい(川口春奈)。ある日、彼女は女生徒からの人気を一身に集めている黒沢大和(福士蒼汰)にけがを負わせてしまう。慌てふためくめいだったが、なぜかそんな彼女を大和は気に入って勝手に友人だと周囲に宣言。さらに、ひょんなことからキスまでしてしまう。大和に翻弄(ほんろう)されながらも、優しくていちずな思いを秘めた彼に心惹(ひ)かれ、初めて恋というものを知るめい。喜び、悩み、傷つきながら、成長していく彼女だったが・・・。 

■ここに胸キュン!■

キスのオンパレードにキュンが止まらない!

大和が学校のほとんどの女子にキスしているというウワサを聞いて、傷ついためいは、大和に「好きでもないのにキスするな」と怒るも、何度もキスで口をふさがれてしまう。止まらないキスのオンパレードにキュン!

 

第6位『君に届け』

胸キュン

ブルーレイ&DVD発売中 / ブルーレイ:5,800円+税 /
発売元:バップ / (C)2010映画「君に届け」製作委員会 (C)椎名軽穂/集英社 

心がほっこりするピュアな学園ドラマ

累計発行部数1,100万部を突破した人気コミックを実写映画化したピュアな学園青春ドラマ。何もしていないのに周りから恐れられて「貞子」というあだ名まで付けられる黒沼爽子を多部未華子が、爽やかな人気者・風早翔太を三浦春馬が演じる。コミカルな要素と温かな感動が融合した原作の魅力を見事に映像化した。 

【あらすじ】

見た目が暗く周りから「貞子」と呼ばれる黒沼爽子(多部未華子)は、クラスになじめないでいた。しかし、その外見とは裏腹にけなげで純粋な彼女に、誰からも好かれるクラスの中心的存在の風早翔太(三浦春馬)はひそかに好意を抱いていた。風早の言葉を励みに、爽子は徐々にほかのクラスメートたちと打ち解けるようになっていく。

■ここに胸キュン!■

桜の木の下でのキュンな出会い

入学式に桜の木の下で爽子と翔太が初めて出会うシーン。爽子の髪の毛に付いた桜の花びらを翔太が取り「変なカタチ、ほら」と渡した花びらが、なんとハートのカタチをしていた!

 

第7位『ワン・デイ 23年のラブストーリー』

胸キュン

(C)Focus Features/Photofest

7月15日にスポットを当てた異色のラブストーリー

男女の23年にわたる恋と友情を毎年7月15日にスポットを当て、ロンドンとパリを舞台に描く異色のラブロマンス。彼への恋心を胸に秘めている真面目なヒロインを『レ・ミゼラブル』などのアン・ハサウェイが、彼女の親友で自由奔放な男性を、『ラスベガスをぶっつぶせ』のジム・スタージェスが好演する。挫折、失恋、結婚など年々変化していく二人の関係が見もの。

【あらすじ】

エマ(アン・ハサウェイ)とデクスター(ジム・スタージェス)は親友として、23年間一緒に過ごしてきた。愛する気持ちを心に秘めていたエマだったが、ある年の7月15日にデクスターからほかの女性と結婚することを打ち明けられる。そして、何年にもわたる二人の恋の行方を左右する7月15日が訪れる。

■ここに胸キュン!■

内緒で結婚式のスピーチ練習!

結婚、離婚、挫折、転職などさまざまなことを経験し、やっと一緒になったエマとデクスター。ある7月15日、エマがデクスターの職場を訪れると、デクスターは結婚式のスピーチの練習をしていた。こっそり練習する後ろ姿に、キュン!

 

第8位『(500)日のサマー』

胸キュン

(C)Fox Searchlight/Photofest

 

ビター&スイートな500日を追った恋愛コメディー

『アメイジング・スパイダーマン』などで知られるマーク・ウェブが手掛けた、ちょっとほろ苦い恋愛コメディー。好きな女性に振り回される男を『インセプション』のジョセフ・ゴードン=レヴィットが、彼が思いを寄せる小悪魔女子をゾーイ・デシャネルがキュートに演じる。ユニークでオシャレな映像に注目。

【あらすじ】

グリーティングカード会社で働くトム(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)は、新入りのサマー(ゾーイ・デシャネル)に一目ぼれしてしまう。ある日、好きな音楽をきっかけに意気投合し、いいムードになった二人。そんな中トムは、サマーに対して「彼氏はいるの?」と聞くと・・・。

■ここに胸キュン!■

IKEA で❝新婚ごっこ❞!

IKEAで、家具を使って❝新婚ごっこ❞を繰り広げるサマーとトム。大はしゃぎしたサマーがふとベッドに横たわるとトムの顔が目の前に! トムの甘く優しい笑顔に、運命を信じないサマーも思わずキス!

 

第9位『親愛なるきみへ』

胸キュン

(C)Screen Gems Inc./Photofest

切ない恋人同士を旬なハリウッドスターが体現!

短い休暇で帰省した軍人の青年が偶然出会った女子大生と恋に落ちて激しく愛し合うが、やがて訪れる切ない運命に翻弄(ほんろう)されていく姿を描くピュア・ラブストーリー。チャニング・テイタムとアマンダ・セイフライドという旬な二人が、恋人同士を体現する。

【あらすじ】

2週間だけの休暇ではあったが、故郷に帰ってきた軍人のジョン(チャニング・テイタム)は、ある日、海に落ちたバッグを拾ったことがきっかけで、その地を訪れていた大学生サヴァナ(アマンダ・セイフライド)と知り合う。ほどなく彼らは深く愛し合うが、サヴァナは大学、ジョンは任地に戻らなければならなかった。その後、彼らは手紙で連絡を取り合っていたが、アメリカ同時多発テロが起こり・・・。

■ここに胸キュン!■

再会を喜ぶ男の視線にキュン!

ジョンが任地から戻り、久しぶりの再会を喜ぶサヴァナ。車の中でサヴァナの手にキスをして髪の毛をかき上げ、じっと見つめるジョン。いずれまた別れを予感させるようなジョンの切ない表情にキュン。

 

第10位『抱きたいカンケイ』

胸キュン

(C)Paramount Pictures/Photofest

セフレから始まる愛を描く現代的なラブストーリー

自由なセックスフレンドの関係から始まる男女の恋の行方を描いたラブストーリー。ナタリー・ポートマンが主演、製作総指揮を務め、ヒロインとセックスのみの関係で結ばれる男友達をアシュトン・カッチャーが演じる。『ブラック・スワン』と百八十度異なるヒロインを好演したナタリーに注目!

【あらすじ】

週80時間も働いていて、恋をしている余裕もない医師のエマ(ナタリー・ポートマン)。ある日、その場の勢いで男友達のアダム(アシュトン・カッチャー)と一線を越えたエマは、その気になったアダムにセックスだけの関係を持ち掛ける。ハードな仕事の合間を縫い、抱きたいときだけアダムをメールで呼び出すエマだったが・・・。

■ここに胸キュン!■

好きな人から、マジな告白!

「恋に落ちない」をルールに、割り切った関係を楽しんでいたのに、次第に惹(ひ)かれ合うエマとアダム。傷つくことを恐れて、アダムと距離を置こうとするエマに対して、アダムは何度もアプローチし「真剣に付き合いたい」と告白。アダムのマジなまなざしにエマも涙!

(文・構成:シネマトゥデイ編集部 山本優実)

10月10日
記事提供元:シネマトゥディ(外部サイト)

関連作品情報

近キョリ恋愛

どんなときも表情を崩さない超クールな天才女子高生・枢木ゆに(小松菜奈)の成績は常に学年No.1だが、唯一英語だけが苦手だった。ある日、ゆには、赴任してきたばかりの史上最強の男前ツンデレ英語教師・櫻井ハルカ(山下智久)に放課後二人っきりの特別補習授業を言い渡されてしまう。感情表現が苦手なゆには、自信満々でツンデレのハルカが大嫌いだったが、常に気持ちを抑えて強がっている自分をあっさり見抜かれ、ゆには心を乱されていく。数学教師でゆにの保護者がわりの明智数馬(新井浩文)は、ゆにが情緒不安定になっていることに気付き、ハルカとの補習を強制的に終了させる。補習がなくなり嬉しいはずなのに、なぜか寂しさを覚えるゆに。そんな気持ちを抱えながら胸がゆらゆらすると言うゆにに親友の名波菊子(山本美月)は、それは“恋”だと教える。初めての感情に戸惑うゆには“恋”について一生懸命勉強し、恋愛指南書に背中を押され告白することを決意。ハルカの授業が始まる直前、教壇の下にもぐりこみ、思いを記したノートを開いて見せる。そんなゆにの健気な表情とひたむきさに心惹かれ、ハルカは衝動的にキスをする。その様子を、ハルカの元カノでゆにの新担任・瀧沢美麗(水川あさみ)が見ていた……。許されない恋だとわかっていながら、強く惹かれ合うハルカとゆに。一方、二人を引き離そうとする数馬や美麗、そしてゆにに想いをよせる元ヤンキーでパティシエ志望の的場竜(小瀧望)。彼らの存在が、二人のキョリをますます不安定にしていく中、ゆにに留学の話が持ち上がる。ハルカはゆにの将来を考え「お前のことは好きじゃない」と嘘をついて突き放し、傷ついたゆには、何も知らずに遠い外国へと旅立っていく。遠く離れてしまったハルカとゆに二人の“運命の恋”の行方は……。

チラシ