『海月姫』能年玲奈 インタビュー

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

まるでおもちゃ箱をひっくり返したような映画

能年玲奈 インタビュー

取材・文: 永野寿彦 写真: 奥山智明

テレビアニメ化もされた東村アキコの人気コミックを実写映画化した『海月姫』で、今や最も次回作が望まれる国民的女優・能年玲奈が、クラゲを愛するオタク女子に挑戦。コメディエンヌとしての役づくり、撮影現場の楽しさを語った。

 

■原作のイメージを大切にしたヒロイン像

Q:主演に決まった時、どのように思われましたか?

コメディーが大好きなので「この役を演じられるんだ」とワクワクしました。ギャグも多い作品ですからオーバーな表現にも挑めますし。だから、お笑い芸人さんたちのコントを見て研究したりもしました。とにかく人気のある原作ですから、原作ファンの方たちが「ここは譲れないだろう」というところを大事にしながら、月海という女性のことを自分なりに解釈していきました。

Q:コミックのように実際に絵があり、イメージが固まっていると、演じるのは難しくないですか?

原作ファンの人はそのイメージを大切にしていると思いますし、とても難しいですね。実は、最初はショートヘアのままいこうという案があったんです。でも、わたし自身も原作のイメージが好きなので、衣装合わせの時に「絶対三つ編みがいいです」と言い張って通していただきました(笑)。その三つ編みも初めは原作とは違うきちっとした清楚(せいそ)系だったんですが、月海の団子みたいな三つ編みがいいなと思っていたので、「もっとモシャモシャの極太がいいです」とお願いしました(笑)。

能年玲奈 インタビュー

■根暗なのにパワフルな役づくりに夢中

Q:月海という女性をどう思いましたか?

クラゲ好きのオタク女子なんですけど、自分が好きなクラゲに集中し始めると、そんなことも全部お構いなしになるところが面白いですね。普段はオシャレな人たちと話す時に目も合わせられないのに、クラゲのためなら渋谷にも命懸けで出掛ける(笑)。インドアで根暗なのに、すごくパワフルなんです。原作を読んでいて、かわいいなとも思いましたし、何かを始めると夢中になってしまうところは自分にもあるので、すごく共感できました。

Q:能年さん自身とも似ていると?

わたしも一つのことに集中し始めるとほかのことはお構いなしになってしまうんです。やり遂げるまでやめられない(笑)。月海が洋服を作っている時に、目の前の布だけに集中するあまり、いつもは気弱なのに、思わず「動かないでください!」と怒鳴ってしまう。そのくらい自分勝手になってしまう、あの感覚はよくわかります。いろんなところはダメダメなのに一点にだけパワーを発揮するという月海にはすごく魅力を感じました。そんな彼女のナイーブなところを内向させるのではなく、外に放出できるような表現ができたらいいなって思いながら演じました。

Q:演じる時も月海と同じように演技に夢中になってしまうタイプですか?

そうかもしれません(笑)。撮影に入る前からかなり作り込んでいきますね。今回の作品で言うと、わたし自身が月海に共感している部分と、原作ファンが月海のどこに魅力を感じているのかということを考えながら役を広げていきました。その上で、撮影現場ではモニターで確認しながら、こういうのはどうだろうと常に新しいアイデアを考えていく。演じる人物のことをもっと深く知りたいという感覚がそうかもしれません。特にコメディーの場合、現場でのリアクションがすごく大事だと思っていて、その役をちゃんと理解していないと、反射的な反応もできないんです。

能年玲奈 インタビュー

■とにかく楽しくてたまらない現場

Q:女装美男子・蔵之介役の菅田将暉さん、オタク女子「尼~ず」の個性的な皆さんとの共演はいかがでした?

本読みの時から原作のユニークな人たちが目の前にいる感じだったので「自分も頑張らなきゃいけない」と気合が入りました。菅田さんは女装するこの役のために10キロぐらい痩せたって聞いたのですが、日に日に痩せていったのでちゃんと食べているのかなと心配になりました。でも、ホントにすごくキレイで! お肌のケアとかもぬかりなくて、女性として見習わなきゃって思いました(笑)。とにかく皆さんと一緒にいると、それだけで楽しかったです。

Q:一番印象に残っているシーンはどこですか?

「尼~ず」の人たちと一緒にすき焼きをしているシーンが好きです。自分たちにとっての敵に向かって出て行けとののしっているのに、敵が持ってきた松阪牛はしっかり奪おうとするセコさがおかしい(笑)。それと、長谷川(博己)さん演じるシュウシュウと熱帯魚店で握手するシーンが好きです。とにかく全部楽しかったです! 映画の舞台となるアパート、天水館のシーンもみんな好き。セットも外観も原作そのままだったので、そこにいるだけで楽しかったです。

Q:本当に楽しい撮影現場だったんですね。

カメラが回るとみんなと一緒に演じていることが楽しくて、監督の存在も忘れちゃったくらいです(笑)! これは監督にはヒミツですけど(笑)。まるでおもちゃ箱をひっくり返したような映画だと思うので、お祭り気分で観に来ていただいて、楽しんでもらえたらうれしいですね。

スタイリスト:岡本純子 ヘアメイク:平井寛功

 


※最大10MBです。大容量のパケット通信料となりますため、ご注意ください。

 


関連映画