『喰女−クイメ−』市川海老蔵&柴咲コウ インタビュー

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

男性や女性の本質というものがよく出ている映画

「東海道四谷怪談」をモチーフに、三池崇史監督が現代劇として男女の愛憎と狂気を描く、衝撃のホラー『喰女-クイメ-』。この作品で企画にも名を連ねた主演の市川海老蔵、ヒロインの柴咲コウが映画の魅力を語る。

取材・文:金澤誠 写真:杉映貴子

喰女

三池監督に対する絶対の信頼

Q:お二人とも三池監督とは今回が2度目の映画ですね?

市川海老蔵(以下、市川):前の『一命』と違って、今度は企画から参加させていただきました。最初は普通に「四谷怪談」をやるつもりだったんですが、自然と今のような現代劇と絡めた形になっていきましたね。1度映画をご一緒させて頂いて三池監督には非常に信頼がありましたし、一緒に仕事をすると刺激を受けるんです。そういう才能があって感受性豊かな方とものを作ると、自分が歌舞伎に戻っても三池さんが持っている「遊び心」のエッセンスが栄養になるんです。ですから今度は俳優という立場だけではなく、もっと三池さんのもの作りのやり方を勉強したくて、企画から参加させていただきました。

柴咲コウ(以下、柴咲):前の『着信アリ』もそうでしたが、三池監督は「気味が悪い」「えたいが知れない感じ」を説明してくださるときに、子供のようにすごく無邪気なんです。それがとても面白かったんです(笑)。今回は脚本を読むとそれが現実なのか、わたしが演じた美雪の妄想なのか、海老蔵さんがやった浩介の妄想なのか、混在している感じがありました。でも三池監督がやったら、何が現実で何がウソかということも含めて、気味悪く撮ってもらえると思ったんです。そこには海老蔵さんと同じく監督に対する信頼がありましたね。

喰女

悪い男と、孤独な女

Q:自分が演じたキャラクターをどのように捉えましたか? 

市川:伊右衛門には男性ならわかる要素が多少あると思うんです。浪人として金に困っているときに、岩という美しい女と出会った。彼女と結婚するけれど、暮らしは楽にならない。そして今度はより若くて金持ちの梅という女性と出会い、伊右衛門は梅の方に行ってしまう。女性は岩に共感すると思いますが、男は梅になびく伊右衛門の心境が、彼の状況を考えたら少しわかると思うんですよね。でも浩介はもっと悪いやつでね(笑)。美雪という大女優と付き合っていて、彼女から舞台の役もお金ももらっているのに、若い女優に手を出してしまう。それは恨まれますよ。ただ原作の「四谷怪談」が江戸時代に発表された当時、その頃の観客には伊右衛門が浩介のような同情の余地がない悪いやつに見えたと思うんです。だから今度のような現代劇と合わせた構成にすることで、「四谷怪談」のキャラクターが本来持っていたものが、より明確に伝わるようになったと思います。

柴咲:「四谷怪談」の岩だけを演じるんだったら、事前にいろんなことを勉強しないとやれなかったと思うんです。でもここでは劇中劇として描かれるので、劇として演出されることをわたしはそのまま演じればいいんだと思いました。岩を舞台で演じる美雪は大女優だけれど、とても孤独な人なんだと思います。おそらく自尊心やプライドなど、彼女自身が積み重ねて作り上げてしまったものがあると思うんです。それによって素直になれなくなっている。本当はもっと甘えたい人だと思うんですよね。そういう美雪の孤独感にとても興味がありました。

喰女海老蔵は宇宙人!?

Q:お二人は初共演ですが、お互いの印象はいかがですか?

柴咲:海老蔵さんは宇宙人みたいで、今まで会ったことがないタイプの方です。その「初めて会った人」という感じが、一緒にやっていて楽しかったですね。

市川:いや、女優さんこそ、みんな宇宙人でしょ(笑)。

柴咲:(笑)。あと、海老蔵さんにはとても助けられました。海老蔵さんは舞台に立つと、すごく説得力と迫力があるんです。わたしは一度も舞台をやったことがないので劇中劇の部分が特に不安だったんですが、初日に「間違えてもいいんだよ」と海老蔵さんが言ってくださって、とても気が楽になりました。

市川:僕が驚いたのは、コウちゃんってよく休憩中に寝るじゃない?僕たち舞台の役者は(休憩中に)寝ちゃダメだと教育されているから、もし寝ちゃっても「いかんいかん」とすぐに起きようとするんだけど、コウちゃんは本気で寝ていたよね!? でも出番になるとパッと起きて、「はい、いきまーす」って(笑)。寝るというのは待ちが長い映画の女優さんならではの時間の使い方だと思うんだけど、ああいう切り替えはまねできないなと思ったね。

Q:完成した作品を観た印象は?

市川:僕はホラーを観るのが嫌いだけれど、この映画は観られるんです。それは誰がどうなるか自分で知っているからなんだけど(笑)。そういう意味で観客と同じ視点から怖さについて語れないですが、男性や女性の本質というものがよく出ている映画だと思いましたね。

柴咲:岩にしても美雪にしても、男女の仲は自分から好きになってしまったら負けだと思うんです。わかっているんだけど、やめられないというか。そういう男女間にあるいろいろな思いを改めて実感させてくれる作品だと思いました。

関連映画