『るろうに剣心 京都大火編』佐藤健&武井咲 インタビュー

インタビュー

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

絶対にパワーアップしなきゃいけないというプレッシャー

和月伸宏の人気コミックを大友啓史監督が実写映画化した『るろうに剣心』の続編が2部作として連続公開。前作に引き続き、主人公・剣心を演じた佐藤健とヒロイン・薫を演じた武井咲が撮影裏話や見どころを語った。

取材・文:くれい響 写真:高野広美

■続編のプレッシャーに打ち勝つ熱量と気持ち

Q:続編の製作が決まったときの、お二人の率直な気持ちを教えてください。

佐藤健(以下、佐藤):前作を多くの方に評価していただいた結果なので、そこはスゴくうれしかったですが、かなりのプレッシャーがありましたね。前作を超える続編を作るって、なかなか難しいことなので。ゼロの状態で映画を観ていただいている前作は、「アクションがスゴい!」と素直に思ってもらえますが、今回はすでに期待されている部分があるので、絶対にパワーアップしなきゃいけない。続編を作るからには、そういう作品にすることが僕自身の目標でもあったので、それ相応の熱量と気持ちが必要でした。

武井咲(以下、武井):わたし、前作を撮り終えたときに、どこかで「また剣心たちに会えるんじゃないかな?」という気がしていたんです! 今回は前作からずいぶん時間がたって、「家族として剣心たちと穏やかな時間を過ごしていた」という過程があっての続編だと思って臨みました。

佐藤:あと、僕自身、前作ではやり残したことがたくさんあって・・・・・・その一つがアクションとして屋根の上を走ることだったんですが、それができるなと(笑)。剣心は屋根を走るイメージがあったので、とても楽しかったです(笑)。

武井:大友監督からはあらためてのアドバイスといったものはなかったんですが、台本に描かれていない空白の時間の確認と、その時間を経て、今の薫ちゃんはどうなっているのか、を自分なりに考えましたね。前作では一人で道場を守っている気の強い女のコだったけれど、今回の薫ちゃんの近くには大好きな剣心もいますから。

■薫の言動は全てラブストーリー

Q:本作の見せ場として、藤原竜也さん演じる志々雄のキャラクター、そしてクライマックスに展開される「京都大火」のアクションがありますね。

佐藤:アクションがパワーアップするということは、剣心が戦う敵もグレードアップするということになります。そういう意味では、「京都編」を実写化する上での大きなハードルの一つが、志々雄のキャラだと思っていました。つまり、それが不安要素でもあったんですが、実際に現場で藤原さんが演じられる志々雄と初めて対面したとき、「あ、これはイケたな!」と思いました。ビジュアルもそうですし、藤原さんがそこにいるだけで「最強」のオーラが全面から醸し出されていて、スゴく説得力があったんです。これなら原作ファンの人も絶対に納得してくれるはずだ、と確信できましたね。

武井:道場を守っていた前作と違って、「京都大火」での薫ちゃんは大勢の中で戦わなくてはならないので、なぎなたの使い方や戦い方を練習しました。決して見せるアクションではないですが、本能で身を守っているような感じ。でも、薫ちゃんの言動は全てラブストーリーであって、剣心に対する愛情の深さだと思うんです。ボロボロになればなるほど、剣心を思う気持ちが伝わるだろうな、と思っていました。今回、実際にアクションシーンをやっていても、「自分はどうなってもいい、ただ剣心に会いたい・・・・・・」という気持ちが強かったですね。  

■役者として、ぜいたくで貴重な経験

Q:大友監督いわく、今回の撮影は「日本の天気との闘いだった」とのことですが、お二人にとってはいかがでしたか?

佐藤:雨は本当にひどかったですね。ある神社で戦うシーンを撮ったんですが、その建物の床下に入っただけでなく、アクションまでしてしまったためか、その翌日からずっと雨に降られてしまったんです。バチが当たったんじゃないかと心から反省しています・・・・・・。

武井:完成披露のレッドカーペットイベントでも大雨に降られちゃったので、早くみんなで謝りに行かないといけないよね・・・・・・。でも、半年間も日本のいろんなところで撮影していたので、晴れる日もあれば、雨の日もあるって感じですよね(笑)。

佐藤:でも、これだけの恵まれた撮影環境で、自分でも思い入れのある剣心というキャラクターを再び演じさせていただいたことに、心から感謝しています。この先の役者人生の中でもあるかないかわからないぐらい、ハリウッドにも対抗できる大作への出演という、とてもぜいたくな経験をさせてもらいました!

武井:撮影期間は濃い時間でしたし、仕上がった作品を観ても、好きなシーンばかり! 前作もそうでしたが、今回公開する「京都編」の『るろうに剣心 京都大火編』(8/1公開)、『るろうに剣心 伝説の最期編』(9/1公開)でも、わたしとしては薫ちゃんとして生きられたこと、過ごせた時間は忘れられない思い出になりました。そして、誰にも壊されない薫ちゃん像をつくり上げた自信のようなものもありますね!

記事制作 : シネマトゥデイ

関連映画