【ハリウッド★トレンド通信 vol.1】テイラー・スウィフトも少女に帰る! ハリウッド流イースターの祝い方

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

文=ロサンゼルス在住ライター 町田雪

new-HT_02_01_150413

ディズニーランドでエッグ・カラーリングをするアーティストたち

春の訪れを知らせるイースター(復活祭)の季節がやってきた。イエス・キリストの復活を祝うキリスト教で最も重要な儀式で、毎年、春分の日の後の満月の次の日曜日に祝われる。米国における今年の祝日(イースターサンデー)は4月5日(日)。多くの地域では、ちょうど学校の春休みにあたる時期でもあるため、キリスト教系の学校や家庭では、子どもたち、そして永遠の子どもたち(大人)が、1週間を通して様々な催しを楽しむ。思い思いの形でイースターを祝うハリウッド・セレブの姿を紹介したい。

イースターの必需アイテムといえば、生命や復活の象徴とされる卵で、家の中や庭に隠した卵を探すエッグハントも風物詩となっている。そんなエッグハントの模様をInstagramにアップしたのは、音楽界の歌姫テイラー・スウィフト。何気ない週末の朝を思わせるレギングスとTシャツ、スニーカーといったラフな格好のテイラーが、弟とともに庭への階段を駆け下り、互いを阻止し合いながら必死でエッグ探しに走る。若者たちのトレンド・リーダーとなりながらも、少女の無邪気さとハングリー精神を爆発させる姿に、「エッグハントがいまだ、新鮮なトレンドであることを証明してくれた」など好意的なコメントが相次いだ。ビデオの撮影者であろう母親が大ウケしているために、映像がブレブレであるところも、ハントの躍動感を表していて微笑ましい。

観光地でもある農園でエッグハントを楽しんだのは、カニエ・ウェストとキム・カーダシアンの娘ノースちゃん。ロサンゼルスから車で1時間ほど北上した農場「アンダーウッド・ファーム」は、春のイチゴ狩りでも有名だ。太陽の下に広がるイチゴ畑、大根やカブ、キャベツなど、様々な野菜が収穫できる野菜畑、ニワトリやヤギのいるアニマルパーク、巨大滑り台や遊具などがあり、家族連れで一日中楽しめる場所となっている。溢れる自然のなかに隠されたカラフルなエッグを探す子どもたちの姿もまた、微笑ましい限りだ。

音楽界の大物カップル、ジェイ・Z&ビヨンセ家では、元来の伝統にならい、本物のゆで卵に色やデザインをあしらうエッグ・カラーリングが行われた模様。ビヨンセがInstagramに投稿した写真には、王冠が描かれた金色の卵や、ハローキティやスパイダーマンが描かれた卵などが並ぶ卵ケースが写っている。

カラフルなエッグの要素をファッションに取り入れるセレブたちも。過去にはケイティ・ペリーが、淡いピンクと黄色をフィーチャーしたドレスとネイルでポーズを決めて、話題となった。

イースターのもうひとつのシンボルといえば、卵を運んできたとされる子だくさんのウサギ。マイリー・サイラスは、ふわふわウサギのカチューシャをつけて友達とパーティー。ビクトリア・ベッカムは、椅子の上でお昼寝中(?)の長男ブルックリンくんの顔面に、ウサギ型のホットケーキ(ブルーベリーの目とイチゴの口付き)を乗せてしまうというお茶目なショットを公開した。ジェシカ・アルバは、ウサギの耳付きのバスローブを着た娘が床に突っ伏している姿に、「ウサギちゃんはお疲れ模様」とコメントを付けた写真をInstagramにアップ。ハントで体力を使い果たしたのか、エッグをたくさん集められずにふてくされているのか、どちらにしても平和な日曜の空気が伝わってくる。

テイラー・スウィフトも少女に帰る! ハリウッド流イースターの祝い方

プラスチック製のカラフルなエッグは20個で1ドルとお手頃

筆者の子どもたちも、1週間のうちに5回もエッグハントを堪能。幼稚園では、手作りの袋を手に、園庭に隠された卵を探し回り、家の庭では、カラーリングされたゆで卵をハント。友達とのプレイデートでは、親たちが、プラスチック製のカラフルなエッグのなかに小さなおもちゃやジェリービーンズ、キャンディをいれたものを200個ほど用意し、公園のあちこちに隠すという壮大なハントを実施した。プラスチックのエッグは、1ドルで20個ぐらい購入できるため、お手頃なエンタテインメントとして年中実施したいぐらいである。巨大なプラスチック・エッグのなかにサプライズ・ギフトを入れて、大人用のハントを企画するのも一案だ。

友だち同士、恋人同士、家族みんなで楽しめるイースターの風物詩。ハリウッド・セレブのアイデアを参考に、来年に向けて構想を練ってみてはいかがだろうか?

new-HT_02_03_150413

イースターの風物詩である家の庭でのエッグハント。大きいエッグのなかには大人用のサプライズも?

記事制作 : Avanti Press(外部サイト)

シリーズ