『新宿スワン』綾野剛&伊勢谷友介 インタビュー

インタビュー

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

綾野&伊勢谷が醸すスカウトマンのアツい空気感

『新宿スワン』綾野剛&伊勢谷友介 インタビュー

『新宿スワン』の予告動画

新宿を舞台に、スカウトマンたちの熾烈(しれつ)な争いを描いた同名人気漫画を実写化した映画『新宿スワン』。熱いハートを持つ主人公・龍彦を演じた綾野剛と、彼の才能を見いだす先輩スカウトマン・真虎を演じた伊勢谷友介が作品を語った。

『新宿スワン』は全国公開中

取材・文: 早川あゆみ 写真: 高野広美

褒め合い、かわいがる関係の二人

Q:お二人はこれが初共演ですが、お互いにどんな俳優だと思われましたか?

綾野剛(以下、綾野):僕からしたら、伊勢谷友介という人は周囲に知らない人がいないくらいのある種のアイコンでした。お会いしたときも、自分が知っていた伊勢谷さんがそのままいて、しかも思考が非常に深くて理論的という新しい一面まで知ることができました。ご自身が持ってらっしゃる熱量に、いろいろなものを巻き込んでいけるパワーがおありなんだなと改めて思います。

伊勢谷友介(以下、伊勢谷):ありがとうございます。褒めさせてしまって申し訳ない(笑)。

綾野:本当にそう思っていますから。

伊勢谷:綾野くんはそんなふうに言ってくれる優しいところがあります。僕は、お会いする前はお芝居を真剣にやっている姿しか知らなかったんですけど、意外と元気で周囲を巻き込んでやりたいことをやる人でした。自分の話もすごくしてくれますし、みんなが自然に周囲に集まってくるかわいげがありますね。僕は自分がかわいげのないタイプなので、うらやましいです。

綾野:かわいがっていただきました。「わかったよ、剛だから」とすごく優しく受け入れてくださって、いろいろなことを許してくれました。こんなアニキがいたらいいなと思います。

伊勢谷:誰にでも甘えているんじゃないの(笑)。

綾野:いえ、ダメだと思ったらやりませんよ。違う方法を考えます(笑)。

『新宿スワン』綾野剛&伊勢谷友介 インタビュー

園監督との仕事は誇り

Q:それぞれの役柄について、どう思われましたか。

綾野:龍彦は非常にいとおしい人だと思いました。みんなに愛される人です。お話を頂いたときは、自分にできるのかを自問自答しましたが、原作漫画という資料にたたずまいや表情、土下座の仕方まで丁寧に書いてありましたので、それを体になじませました。

伊勢谷:原作では最初の方はつらい話になっていますが、話が進むにつれ、こんな話なのかとわかってからは、ドハマりしました。ただ、今回の映画だと「僕、嫌なヤツだけで終わっているな」って(笑)。

綾野:これからですよ! この後、第2章、最終章と待っていると信じましょう。

伊勢谷:そうなるといいよね。僕は、園監督とご一緒できるのはすごくうれしいし、誇りでしたから、オファーはすぐにお受けしました。

Q:園監督とのお仕事はいかがでしたか?

綾野:基本、テストがないんです。でも、役者が持ってきたアイデアに対して寛容です。

伊勢谷:感覚的な部分だと思いますけど、脚本をどう画(え)にするかというところに、監督の中では当たり前でも、僕らにとっては「へえ~」と思うことがありました。

綾野:監督ご自身がその辺を歩いている人をスカウトしてきて、数時間後にはその人が出演していたこともあります。

伊勢谷:今回は、今までの園監督の作品の中でよりエンターテインメントを打ち出した作品だと感じていますね。

綾野:これで新しいステージに行こうとしている姿勢を感じました。これまでにない規模の作品だからこそ、表現の仕方にも挑戦していらっしゃった気がします。やっぱり思考が深い方だと思いました。

『新宿スワン』綾野剛&伊勢谷友介 インタビュー

努力することで、より目的に近づける

Q:タイトルにある「スワン」のように、俳優は水面下でたくさんの努力が必要な職業だと思います。

伊勢谷:セリフを覚えるのは本当に大変で苦手です。最近は世代的にも、説明をたくさんしなくてはならないような役柄が多くて・・・・。大人なので頑張らないと、と思っています(笑)。

綾野:俳優としては、スワンの美しい部分だけ見てもらえればいいです。これだけ頑張りましたというのは、映画には確実に映っていますが、僕らは出来上がったものしか提示できないですから。

伊勢谷:俳優に限らず、何かをやりたいと思ったときに、バタバタ努力することは必要だと思います。したからこそ見えるものがある。人は得意なジャンルが必ずあると思いますが、それを磨こうと努力することで、より目的に近づくことができるんだと思います。

Q:最後に、本作はどういう映画になったと感じられていますか?

綾野:スカウトという職業は、本来僕らはほとんど関わることのないものですが、映画の中で起きていることは非常に普遍的なことだと思います。皆さんが常に感じていることが、ありとあらゆるところにちりばめられている。非常にまっとうな映画が出来上がったと思っています。子供の頃を思い出させる懐かしさがありますし、それだけじゃない厳しさもあります。

伊勢谷:あまりこの時代に見ないアツい男たちの物語になりました。今の人たちは、未来のないところに突っ走ることはしないですから(笑)。僕にとっては懐かしい感じもしますが、今の人たちはああいう男たちのことをどう感じるんだろうと、逆に興味がありますね。

綾野剛ヘアメイク:石邑麻由 スタイリスト:長瀬哲朗

伊勢谷友介ヘアメイク:ShinYa/プライマル スタイリスト:葛西信博


※最大10MBです。大容量のパケット通信料となりますため、ご注意ください。

記事制作 : シネマトゥディ