【LA発!海外ドラマ事情 vol.2】必見!バットマン誕生秘話 スピンオフ・ドラマの決定版「GOTHAM/ゴッサム」

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

 

文=ロサンゼルス在住ライター 鈴木淨

 

「GOTHAM/ゴッサム」

GOTHAM and all pre-existing characters and elements TM and (c)DC Comics.
Gotham series and all related new characters and elements TM and (c) Warner Bros. Inc. All Rights Reserved.

 

ここ数年、米テレビ界では「大ヒット映画のスピンオフ・ドラマ」が急増している。ヒッチコック監督の古典的名作サスペンス『サイコ』の前日譚である「ベイツ・モーテル」、大ヒットアクション『アベンジャーズ』のその後を描いた「エージェント・オブ・シールド」、映画と同タイトルの「12モンキーズ」「ファーゴ」などなど、もはや流行にとどまらず、一つのジャンルとして定着した感がある。

 

その中でも米国での人気が際立って高い作品が、今月から日本でも放送される。『バットマン』シリーズのスピンオフ・ドラマ「GOTHAM/ゴッサム」だ。

 

同シリーズの印象的な脇役、ジェームズ・ゴードン刑事(クリストファー・ノーラン監督『ダークナイト』3部作ではゲイリー・オールドマンが演じている)を主人公に、バットマンの誕生秘話を描く。ファンならこれだけでも強い興味を持つだろう。そして、その出来映えは決して期待を裏切らない。

 

シリーズおなじみの舞台、ゴッサム・シティ。政治も警察も腐敗し切り悪事がはびこるこの街で、若き日のゴードン刑事が正義を貫こうと奮闘する。物語の冒頭はいきなりあの重要な、幼いブルース・ウェインの両親が殺される場面。心に大きな傷を負ったブルース少年は、犯人を追うゴードンとの友情を深めつつ、自ら悪を裁くべくバットマンとなる道を歩んでいく。

 

「GOTHAM/ゴッサム」

正義感の強い主人公、ジェームズ・ゴードン(左)と、その相棒ハービー・ブロック(右)

GOTHAM and all pre-existing characters and elements TM and (c)DC Comics.
Gotham series and all related new characters and elements TM and (c) Warner Bros. Inc. All Rights Reserved.

 

『ダークナイト』の世界観を踏襲した陰鬱かつスタイリッシュな映像、魅力的なキャストなど、どこをとっても一級のエンタテインメント。「The OC」「サウスランド」で人気を博したベン・マッケンジーが正義漢ゴードンを、「TOUCH/タッチ」で天才子役と称されたデヴィッド・マズーズが影のあるブルースを好演している。やがてあの女性ヒーローへと成長しそうな謎の少女セリーナ“キャット”カイル役の若手女優キャムレン・ビコンドヴァ、妖艶な女ギャングに扮するジェイダ・ピンケット・スミス(ウィル・スミスの妻)も話題を呼んだ。

 

「GOTHAM/ゴッサム」

映画でもおなじみの悪役、ペンギン(左)と、ジェームズ・ゴードン(右)

GOTHAM and all pre-existing characters and elements TM and (c)DC Comics.
Gotham series and all related new characters and elements TM and (c) Warner Bros. Inc. All Rights Reserved.

 

さらに注目したいのは、毎回ゴッサム・シティで起きる、アイデアを凝らした凶悪事件の数々。主演のマッケンジーはこれらについて「大規模で奇妙でエキセントリック。そして、しばしばダークなユーモアをたくさん含んでいる」とメディアに語っている。制作総指揮を執るのは「メンタリスト」のブルーノ・ヘラー、「CSI : 」シリーズのダニー・キャノン、「ゴシップガール」のジョン・スティーヴンス。ヒットするドラマの要素を知り尽くした盤石のスタッフと言える。

 

「GOTHAM/ゴッサム」

ブルース少年(右)の両親殺害事件の担当となったゴードン刑事(左)は、必ず犯人を捕まえると約束する

GOTHAM and all pre-existing characters and elements TM and (c)DC Comics.
Gotham series and all related new characters and elements TM and (c) Warner Bros. Inc. All Rights Reserved.

 

米国で5月4日(月)に放送が終了したばかりのシーズン1は、一般の投票により決定する「ピープルズ・チョイス・アワード」の「お気に入り新テレビドラマ賞」など数々の賞レースにノミネートされた。昨年9月末の第1話は視聴者数1415万を記録するロケット・スタートを切り、その後、全16話の予定だった同シーズンは22話に延長。まだ撮影中だった今年1月には、早くもシーズン2の制作が決定している。

 

スピンオフ・ドラマの中でも、特にオリジナル作品の前日譚(『バットマン』シリーズの場合はもちろんコミックが大本だが)が見る側を引きつけるのは、既にわかっている展開に登場人物がどのような経験、苦悩や挑戦を経て辿り着くのかという「知られざる話」の面白さ。さらに熱烈なファンでさえ驚くような、原作にないキャラやエピソードが新味を加えることも多い。これらの要素を満たした「GOTHAM/ゴッサム」は、世界中に多くのファンを持つ『バットマン』シリーズの前章として成功した、スピンオフ・ドラマの決定版。このところ、潤沢な制作費とともに増えている米ドラマ界の大作アクションとしても光る1本だ。

 

「GOTHAM/ゴッサム」シーズン1の日本放送は、海外ドラマチャンネル「AXN」で、吹き替え版が5月11日(月)、字幕版が5月14日(木)からスタートしている。

 

記事制作 : Avanti Press