下世話と気品が両立する「ダウントン・アビー」は英国版“大奥”? 貴族もメイドも波瀾万丈!

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

TV_02_01_150629

「ダウントン・アビー シーズン4」
(C) Carnival Film & Television Limited. All Rights Reserved.

文=石津文子(マダムアヤコ)

みなさま、突然ごめんあそばせ。海外をちょくちょく渡り歩いては映画やドラマを貪り、もとい、たしなんでおります、マダムアヤコと申します。こちらのコラムでマダムがはまる海外ドラマの魅力をお伝えしていきますので、よろしくおつきあいあそばせね。

まず最初に取り上げるのは、おそらく世界でいま一番人気があると言っても過言ではない英国発ドラマ「ダウントン・アビー」。英国社会が激変した20世紀前半、貴族の館ダウントン・アビーを舞台にした群像劇で、2010年に英国で放送開始となるやそのクオリティの高さは評判となり、アメリカでも大ヒット。さらに日本をはじめ世界中に熱狂的なファンが増えていったの。その魅力を掘り下げてみると、第一に、人間ドラマが重層的で面白い! 館の主であるグランサム伯爵ことロバート・クローリー(ヒュー・ボネヴィル)の一家と、執事を筆頭とした使用人たちの問題が並行して描かれるのだけれど、一見、無関係のような両者のドラマの絡み合い方がとにかくうまいのよ。

TV_02_10_150629

新しい時代に戸惑いながらも少しずつ対応していくグランサム伯爵

(C) Carnival Film & Television Limited. All Rights Reserved.

TV_02_03_150629

マシューの事故から6カ月経っても悲嘆に暮れ続けるメアリー(写真はシーズン4より)

(C) Carnival Film & Television Limited. All Rights Reserved.

ドラマ前半のメインのプロットとなるのは、伯爵家の相続問題=長女メアリーの結婚問題。20世紀初頭、ダウントンの当主であるグランサム伯爵ロバート・クローリーと妻コーラ(エリザベス・マクガヴァン)には、メアリー(ミシェル・ドッカリー)、イーディス(ローラ・カーマイケル)、シビル(ジェシカ・ブラウン・フィンドレイ)の3人の娘がいるけれど、当時の英国では限嗣相続制という制度のため、女性には相続権がないの。そこで長女メアリーを従兄パトリックと結婚させて、領地と伯爵の称号を相続させるつもりでいたけれど、頼みの綱のパトリックがタイタニック号の事故で死んでしまう。そこで、遠縁で爵位を持たない弁護士のマシュー(ダン・スティーヴンス)を呼び寄せると、メアリーは格下の彼に反発しつつも、惹かれてしまうの。もうね、タイタニックとジェーン・オースティンの『高慢と偏見』を合わせたような設定で、つかみはばっちり。

TV_02_04_150629

最初はまるで悪の象徴だったトーマスだけどストーリーが進むうちに同情してしまったファンも多いはず

(C) Carnival Film & Television Limited. All Rights Reserved.

一方、階下の住人である使用人たちの間には、伯爵の戦友ベイツ(ブレンダン・コイル)が執事の次に高い職位である従者として入って来たことで波乱が。上昇志向の強い下僕トーマス(ロブ・ジェームス・コリアー)が、悪知恵の利くメイド、オブライエン(シボーン・フィネラン)と共に様々な策略を企てベイツ(ブレンダン・コイル)を陥れようとすると、20年ぶりに妊娠した伯爵夫人コーラが巻き込まれてしまう。トーマスには当時は違法であった同性愛者という秘密があるし、三女のシビルは駆け落ちしちゃったりと、ドロドロの昼メロのような展開なのに、そこはコスチューム・プレイのおかげでなんとなく品がよく見えちゃう。日本で言えば、“大奥”ものに通じる世界、と言えばいいかしらね。華やかな世界の裏側を見たいというのは、世界中の庶民に共通する欲望なのかしらん。でも最近の日本の大河ドラマと違って、執事やメイド長など年配のキャラクターが活躍するのが、さすが英国は大人社会だと思わされるわね。

TV_02_06_150629

シーズン3で晴れて自由の身となったアンナとベイツは幸せな日々をおくるのだが、突然アンナに・・・(写真はシーズン4より)

(C) Carnival Film & Television Limited. All Rights Reserved.

脚本のジュリアン・フェローズは映画『ゴスフォード・パーク』(2001)でもマナーハウスを舞台に貴族と使用人の物語を描いて、アカデミー賞の脚本賞を受賞したお方。これをひな形に『ダウントン・アビー』を立ち上げたわけで、『ゴスフォード・パーク』でも貴婦人を演じていた大女優マギー・スミスが、『ダウントン・アビー』でも伯爵の母ヴァイオレットとして、一家に、そして作品全体ににらみを利かせているの。そのにらみが時々お茶目なのがまた楽しいのよ。気位の高い毒舌家だけど、家族の本音をいち早く見抜くのもこのヴァイオレット。イヤミだがエレガントな貴婦人をマギー・スミスが実にチャーミングに演じているのが、さすがねえ。シーズン3から登場する、コーラの母である大富豪夫人を演じるシャーリー・マクレーンとのイヤミ合戦も楽しいわよ。 『ゴスフォード・パーク』は当主の死をめぐるミステリーだったけれど、『ダウントン・アビー』にもミステリー要素はあり。事件の中心となるのが退役軍人で謎の多いベイツで、彼にはメアリー付きメイドのアンナ(ジョアン・フロガット)が惚れ込むけれど、こちらの恋も波乱含み。

TV_02_08_150629

「ダウントン・アビー」の総製作指揮にあたるジュリアン・フェローズは『ゴスフォード・パーク』でアカデミー脚本賞を受賞

(C) 2001 FILM COUNCIL, ZESTWICK LIMITED AND SANDCASTLE 5 PRODUCTIONS, INC.

ちなみにマダムはアメリカで脚本の書き方をかじったことがあるのだけれど、一見、無関係な2つの事件を並行して描き、いかに衝突、交錯させるかを脚本の“基本のキ”として教わったわ。この手法は登場人物が多く、次回へ、さらには来シーズンへと引っぱり続けていく必要のあるドラマシリーズでは特に有効なのよ。「ER緊急救命室」なんかも、そうだったでしょ? 患者たちの容態と、医者の私生活が並行して描かれつつ、どこかで交錯する。これが派手に衝突すると、コメディになるわけ。さらに「ダウントン・アビー」では貴族のいる上階と、使用人たちの暮らす下の階が目で見える形で描かれているから、2つの事件が交錯する様がわかりやすく、ドギマギさせられるの。そしてそれぞれのトップであるグランサム伯爵も、執事のカーソン(ジム・カーター)さんもかわいげのある人物だから、彼らを応援したくなっちゃうのね。

TV_02_11_150629

シーズン4ではカーソンさんとミセス・ヒューズの関係も楽しみ!

(C) Carnival Film & Television Limited. All Rights Reserved.

「ダウントン・アビー」の面白さは、ディテールへのこだわりにも支えられているわ。ジュリアン・フェローズは貴族の生まれではないけれど母が貴族と再婚したという人物で、さらに妻は伯爵家の出身というだけあって、上流社会のウラもオモテもよくわかっている。だからこそ書ける部分がたっぷりあるのね。ちなみにヴァイオレットは、彼の大伯母がモチーフになっているそう。食事のたびに着替える貴族の生活って案外忙しそうだし、領地の運営も大変で、貴族もつらいよ、って感じね。舞台となる館は、フェローズの友人である伯爵の居城、ハイクレア城でロケをしているため、今も使われている館ならではの臨場感もたっぷり。ロケ地訪問ツアーも大人気だそうで、マダムも行ってみたいわ。

TV_02_02_150629

シーズン3で繰り広げるシャーリー・マクレーンとのイヤミ合戦も痛快なマギー・スミス

(C) Carnival Film & Television Limited. All Rights Reserved.

「ダウントン・アビー」の華麗かつ下世話な魅力は伝わったかしら? ぜひ美味しい紅茶と共に、ご覧あそばせ。

「ダウントン・アビー シーズン4」
スターチャンネルにて日本初独占放送中!
製作総指揮:ジュリアン・フェローズ
監督:フィリップ・ジョン 他
出演:ヒュー・ボネヴィル、エリザベス・マクガヴァーン、マギー・スミス、ミシェル・ドッカリー、ジム・カーター 他
二ヵ国語版【STAR3】 毎週日曜日 よる11:00~
字幕版【STAR1】 毎週水曜日 午後1:00~
公式サイト:www.star-ch.jp/downtonabbey/

※シーズン1~3 ブルーレイ&DVD リリース中!
詳しくはこちら downtonabbey-tv.jp/

 

TV_02_09_150629

DVD『ゴスフォード・パーク』(GNBF-2932)

製作年:2001年

価格:1429円(税抜き)

発売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント

(C) 2001 FILM COUNCIL, ZESTWICK LIMITED AND SANDCASTLE 5 PRODUCTIONS, INC.

『ゴスフォード・パーク』作品詳細

記事制作 : Avanti Press(外部サイト)