【ぽっちゃりイケメン一本釣り! vol.8 実りの秋編】テッド、シュレック、ベイマックス! 秋の夜長に寄り添いたい、ぽちゃキャラたち

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

文=皆川ちか

秋の夜長に寄り添いたい、ぽちゃキャラたち
『テッド2』
(C)Iloura/Universal Pictures and Media Rights Capital

猛暑、酷暑を通りこして、激暑そのものだった今年の夏も、ようやく過ぎ去ろうとしつつある今日この頃。夏の暑さに痛めつけられ、疲労困憊した身体も心も優しく慰撫してくれるような、秋のぽちゃメンとはなんぞや・・・? と考えた結果、ゆるキャラならぬ、ぽちゃキャラ。そう、キャラクター系ではないだろうか? という結論が出た。

そういうわけで今回は“実りの秋”の特別編として、世界三大ぽちゃキャラクター(勝手に認定)、テッド、シュレック、ベイマックスの魅力をフィーチャーしてみたい。

テッド(『テッド』『テッド2』)
モフモフ系ちょいワル小ぽちゃ

秋の夜長に寄り添いたい、ぽちゃキャラたち
『テッド2』
(C)Iloura/Universal Pictures and Media Rights Capital

見た目はキュートなテディベア、中身はビール大好きガハハオヤジなテッド。いわゆる“ギャップ萌え”なヤツではあるが、外見と内面の差があまりにもありすぎて、油断できない危険なオトコでもある。

オトコにとって危険とは、魅力の同義語だ。また、自分の魅力を熟知しているオトコとは、セルフプロデュースの仕方も心得ている。

モフモフとした感触と、つぶらな瞳。大先輩である“クマのプーさん”以来、テディベア界で連綿と受け継がれてきたチャームポイント、ぽちゃ体型をフル活用した愛くるしい動作の数々で、みごとセレブの仲間入りを果たすも、凋落した現在は「元セレブ」というビミョーな肩書をうまく利用して、やさぐれ系ベアへとイメージチェンジ。プーさんの赤Tシャツに対して白ランニング、プーさんのはちみつ好きに対してビール好きと、王道ベアの真逆をゆくイメージ戦略を展開。子どもからの支持を失った代わりに、ちょいワル系に惹かれる大人女子の心をつかんで、モテベア、かつリア充ベアに。

中年オトコの象徴である「ビール腹」すら、なにしろベアであるからして、どこまでも「カワイイ!」とみなされるお得感。寸詰まりの体型も、短い手足もデカ尻も下品な言動も、マイナス要素をすべてギャップ萌えへと転換するテッド・・・恐るべき策士であり、女子としても学ぶところは多い。

シュレック(『シュレック』シリーズ)
タフガイぽちゃ、実直系

秋の夜長に寄り添いたい、ぽちゃキャラたち
『シュレック』
(C)2015 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

人間界以上に美醜の差が歴然としてある“おとぎの世界”では、緑色をした容貌魁偉のシュレックは「怪物」に認定され、人びとから恐れられ、嫌われている。

たしかに初期の彼は、ワイルドを通り越して獰猛にして野蛮だ。毛虫を手づかみしてムシャムシャ食べ、お風呂でおならを連発し、ところかまわずゲップをしてと、やりたい放題。もちろんケンカ大好きの武闘派で、性格も尊大だった。

おおよそ女性にモテる要素は皆無といっていいけれど、美女フィオナ姫を前にしても、自分を取り繕ったりはしない。外の世界へ出るのを拒むフィオナ姫を、半ば強引に肩に担いで連れ出すあたりは、雄々しさが表れていて、不意にドキッとしてしまう。

太鼓腹ながら脚は意外と細く、怪力で動きも俊敏。長年ひとり暮らしをしてきただけに家事能力も高く、住まいは庭付き一戸建て・・・おい、結婚相手に最適じゃないか! それによく見ると、まつ毛が長くてブラウンアイズが美しい。

タフガイほどマイホームパパになりやすいとはよく聞くけれど、シュレックもその例に洩れず、結婚後はよき家庭人へとフォームチェンジ。子どもを3人もうけ、夫婦仲も円満。自由気ままだった独身時代を懐かしむこともあるけれど(『シュレック フォーエバー』より)、愛妻フィオナに「俺がきみを塔から救ったと思っていたけど、救われたのは俺の方だったんだ!」と、最高にロマンチックな愛の言葉を捧げてくれて・・・フィオナ姫になりたい・・・。

ベイマックス(『ベイマックス』)
存在自体が癒し、マシュマロぽちゃ

秋の夜長に寄り添いたい、ぽちゃキャラたち
『ベイマックス』

ロボットはロボットでも、勝負や戦いのためではなく、心と身体をケアするために開発されたベイマックス。尖った部分が一切ない、丸みのあるボディラインと、白一色でまとめたカラー。さながら歩くマシュマロのようなぷよぷよ感を醸し出すベイマックスは、存在自体が癒しだ。

最愛の兄の死に深く傷つき、絶望の淵に沈み込んでいた少年ヒロをそっと抱きしめ、ただシンプルに「よし、よし」と頭をなでる。その声の温かさ、動作の優しさ、感触の柔らかさに、ヒロでなくともハグ返しをしたくなる。

約183cmという巨体にして、体重はわずか約34kgというギャップ。最新ロボット工学技術の粋を集めた身体でありながら、皮膚に開いた穴をセロテープで塞ぐおおらかさ。ゆったりのんびりとした動き方とマイペースな喋り方に、ついついこちらの心も和んでしまう。ちなみに、赤いアーマーを装着すると、お腹がぽよよんっとはみ出るのがまた、たまらなくキュートなのだ。

これ以上ないほどにシンプル極まりないルックスは、イノセンスの証であり、あらゆる人に安心感を与えてくれる。特に、ストレスの溜まっている人や疲れている人ほど、ベイマックスから放射される癒しのオーラにやられてしまうのではないだろうか? うちにも1体、来てほしい。毎日バッテリーチャージするよ。

ちょいワル小ぽちゃのテッド、実直系タフガイのシュレック、癒し度MAXマシュマロボディのベイマックス。たとえば秋の夜長など、アンニュイな気分を紛らわすにも、センチメンタルな気持ちを盛り上げるにも、うってつけの相棒になってくれると思うのだけど・・・いかがでしょう?

一本釣りしたぽちゃイケメンを極私的マッピング。あなた好みのぽちゃメンを探そう!

秋の夜長に寄り添いたい、ぽちゃキャラたち

『テッド2』
8月28日(金)全国ロードショー
監督:セス・マクファーレン
脚本:セス・マクファーレン&アレック・サルキン&ウェルズリー・ワイルド
キャスト:マーク・ウォールバーグ、セス・マクファーレン、アマンダ・セイフライド、ジョバンニ・リビシ、ジョン・スラッテリー、ジェシカ・バース、モーガン・フリーマン
配給:東宝東和
(c)Tippett Studio/Universal Pictures and Media Rights Capital

『テッド2』作品詳細

秋の夜長に寄り添いたい、ぽちゃキャラたち

『シュレック』
ブルーレイ発売中
1905円+税
20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント
(C)2015 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

『シュレック』作品詳細

秋の夜長に寄り添いたい、ぽちゃキャラたち

『ベイマックス MovieNEX』
MovieNEX 好評発売中!
デジタル配信中!
4000円+税
(C)2015 Disney

『ベイマックス』作品詳細

記事制作 : Avanti Press(外部サイト)

シリーズ