女子も楽しめる 話題のガンダム展レポート!

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

今回の突撃レポートはこちら!
六本木ヒルズにある森アーツセンターギャラリーにて開催されている『機動戦士ガンダム展 THE ART OF GUNDAM』に行ってきました!

ガンダム展に行ってきた!

ガンダム大好き!という男子は多いけど、食わず嫌いでガンダムをあまり知らない女子でも楽しめるのかな?
ドキドキしながら、さっそく会場へ!

会場は、 3つの章で構成されており、順番通り 第1章 オープニングシアター「大気圏突入」へ

ガンダム展に行ってきた!

まず目に飛び込んでくるのが物語内で扱われた名セリフの数々。
ガンダムを知らない人も知っているであろう、あの名言も。

ガンダム展に行ってきた!

「アムロ、行きまーす!」を発見。
これは超メジャーですね。

熱い名言を楽しんだあと、中に入ると・・・
大きなスクリーンのある部屋に・・・

ガンダム展に行ってきた!

部屋に入ると映像がスタート。
スクリーンに映像が映し出さます。
目の前で繰り広げられるガンダムとシャアザクの戦い、見ている人がホワイトベースの中にいるかのような臨場感!
作戦を指揮する艦長のブライトがある場所から指示を・・・その演出も凝って、ガンダムの世界にワクワク!

ホワイトベースで期待度が膨らんだまま、
第2章 メイキング・オブ・ガンダム

第2章では、「機動戦士ガンダム」制作に使われた貴重な資料約1,000点を、4つのコーナーを中心に展示します。

1 物語のはじまり
富野総監督の設定書やメモを展示。
ガンダムができるまでの貴重な資料も展示してあります。

ガンダム展に行ってきた!

アムロ・レイの名前も、漢字表記のもっと日本的な名前!
(会場でぜひ確認してください)
もしかしたら、「アムロ、行きまーす!」じゃなかったの!?

ガンダム展に行ってきた!

富野総監督がガンダムを生みだした机をイメージした展示。
この机、実際に会場に富野総監督が来場した際に、鉛筆やイスにかかる洋服などセッティングしたものだそう。

展示物のあまりに細かい設定指示に、富野総監督の頭の中ってどんな世界が広がっているんだろうと、資料に見入ってしまいました。

細かい設定があるからこそ、ガンダム世界に引き込まれるのかな。。。

2 近未来の宇宙で
美術監督の中村光毅氏を中心に、ビジュアル化したリアルなSF設定を、美術ボードや設定資料に模型などを交えて紹介。

ガンダム展に行ってきた!

ガンダム展に行ってきた!

こちらも1つ1つの設定資料に、細かく指示が。 この細い設定のおかげで、美しいガンダムの世界が作られているんだなとここでも資料に見入ってしまいました。

まだまだ1/3(!?)も見てないのに、すでに1時間近く時間が・・・

3 戦争と人間の性
出会い、別れ、成長を遂げていくキャラクターたちをアニメーション・ディレクターの安彦良和氏が描いた約500点の原画が展示されています。

ガンダム展に行ってきた!

ガンダム展に行ってきた!

4 激突・モビルスーツ
メカニックデザイン担当の大河原邦男氏が描いたモビルスーツや戦艦などの設定資料が展示されています。

ガンダム展に行ってきた!

ザクやジムら、主要なモビルスーツの劇中シーンをジオラマによって再現展示も。

ガンダム展に行ってきた!

そしてこちら、迫力のガンダム・ヘッド!

ガンダム展に行ってきた!

162cmの私と比べてもこの大きさ。
かなりの大きさです。

第3章 ガンダムは終わらない
続々と制作されているガンダムシリーズを、東京展に向けて制作した最新ダイジェスト映像「ALL G トリビュート・クロニクル Ver.2」で紹介。

さらには、昨年の大阪展での「ガンプラ大作戦」で来場者が制作したガンプラ1,000体も展示されています。

ガンダム展に行ってきた!

ガンダム展に行ってきた!

ガンダムの世界の奥の深さに、帰り道の日比谷線六本木駅でガンダム展の看板を見ながら、食わず嫌いを反省し、「過去作見てから、もう1回行こうかな」と思いました。
女子は、ガンダム好きの男子と一緒に行くことをオススメします!

ガンダム展に行ってきた!

『機動戦士ガンダム展 THE ART OF GUNDAM』
■開催日程
2015年7月18日(土)~9月27日(日)
会期中無休

開館時間
10:00~20:00
(入館は19:00まで)
※木・金曜日は10:00~22:00 (入館は21:00まで)

■会場
森アーツセンターギャラリー
(六本木ヒルズ森タワー52階)

■主催
朝日新聞社、創通、サンライズ、バンダイ、バンダイナムコエンターテインメント、バンダイビジュアル、
森アーツセンター

■協賛
貝印、CoCo壱番屋、相模屋食料、トヨタ自動車、野崎印刷紙業

■協力
月刊ホビージャパン、サンスター文具、
ホテル グランパシフィック LE DAIBA

■お問い合わせ
電話:03-5777-8600(ハローダイヤル)

© 創通・サンライズ

記事制作 : CinemaGene(外部サイト)