女性視点だからこそ挑戦できたシャワーシーン

 

『アンフェア the end』篠原涼子インタビュー

2006年、連続テレビドラマとして放送開始以来、先読み不可能なストーリー展開で人気を博した「アンフェア」シリーズが、劇場版第3弾『アンフェア the end』でついに幕を閉じる。検挙率ナンバーワンの敏腕女刑事・雪平夏見と共に歩み、共に生きてきたという女優・篠原涼子が、万感の思いで10年を振り返る。

取材・文:坂田正樹 写真:高野広美

10年間、共に生きた雪平夏見への思い

Q:いよいよ本作で10年間の歴史にピリオドが打たれますが、今の率直な気持ちをお聞かせください。

 正直、終わってほしくないという気持ちでいっぱいです。でも、作品を拝見させていただいて、わたしが演じてきた雪平への愛にあふれた内容になっていたので、納得できる結末だと思いました。何度となく裏切られながらも、負けずに生きてきた雪平の心の温かい部分が全面的に描かれていて、しかも共演者の皆さんの大きな愛に包まれながら終われるなんて、これ以上の幸せはありません。

Q:雪平夏見との別れも、いろいろと思うところがあると思いますが?

 ここまで来ると、最高のパートナーという感じですね。ほかの作品とは比べられない大きな存在。この10年、わたし自身も、結婚したり、子供ができたり、人生いろいろなことがありましたが、この作品からたくさんの幸せをいただき、そしてたくさんのことを学ばせていただいたと思います。

Q:10年間共に人生を歩んだわけですから、篠原さんの中に雪平が染み付いているのでは?

染み付きながらも、やはり演じているという感じですね。普段のわたしはどちらかというと、髪の毛はグジャグジャ、すっぴんでコンビニやスーパーへ平気で買い物に行ったりする。自分自身に対してズボラなところは雪平と似ているとも思いますが、わたしはあんなにさっそうとはしていないです。それに、雪平みたいに、あれだけ人に裏切られたら、わたしはきっと家に引きこもってしまうと思います。

Q:前作に続き佐藤嗣麻子監督がメガホンを取っていることで、雪平の愛にあふれた女性らしい一面がより強調されていたように思います。

『アンフェア the answer』のときもそうでしたが、予想以上の絵を撮ってくださるので、今回も楽しみにしていたんです。例えば、シャワーシーンも嗣麻子さんなら、きっと女性の視点で美しく撮ってくださると思って挑戦してみました。逆に嗣麻子さんじゃなかったらトライしなかったと思います。

 Q:死んだはずの一条道孝(佐藤浩市)と再会するシーンも女性監督ならではの心模様を感じました。

嗣麻子さんから、「とにかく冷たく、つっけんどんにあしらってほしい」という指示が来ました。一条が生きていたことで、雪平としては裏切られたわけですし、あれほど一条を愛していたのに「わたしの前から消えてしまった」という女としての寂しさもあるので、できる限り冷たいほうがいいと。でも、セリフ自体がさほど冷徹ではなかったので、わたしの中ではギャップがありましたが、嗣麻子さんはそれが心地よかったと満足してくれましたね。

『アンフェア the end』篠原涼子インタビュー

一番の思い出は現場の楽しさ

Q:現場では、皆さん、仲が良くて、篠原さんにメロメロだったと聞いていますが?

そんなことないですよ。むしろ女性として見られていない気がしますね。でも、現場はとにかく楽しくて、みんなで本番直前までゲラゲラ笑って、スタッフから声が掛かると、「ちょっと待って、シワ! 笑いジワが目立つ!」とか大騒ぎになって、「これ本当に『アンフェア』の撮影現場? っていうくらいにぎやかでした。共演者の皆さんはお正月に会う親戚のような存在ですね。みんな大好きです!

Q:娘役の向井地美音さんは、すっかり成長されて、現在はAKB48として活躍していますが、久々にお会いした印象は?

最初は確か7歳だったと思いますが、「食べ物、何が好き?」って聞く程度で、それほどコミュニケーションを取る感じではなかったのですが、今回17歳になり、AKB48にも入って、かなり饒(じょう)舌になって、向こうから「お元気でしたかー!」って声を掛けられたときはびっくりしました。成長した姿を見て、なんだか気持ちが良かったですね。

Q:くしくも今回は、初回の相棒だった瑛太さんの弟、永山絢斗さんが雪平に接近する事件の鍵を握る男・津島直紀役で出演していますが、印象はいかがでしたか?

確かに『アンフェア』の相手役が瑛太くんで始まり、絢斗くんで終わるというのも不思議なご縁を感じますね。でも、役者としては全く別物、兄弟という感覚がないくらい自分を確立して持っているので、プロフェッショナルだと思いました。

Q:EXILEのAKIRAさんも初共演だと思いますが、何かエピソードはありましたか?

撮影の合間に、ふざけて「ねぇ、踊って、踊って!」ってダンスをリクエストしたら苦笑いして、その日の打ち上げに彼だけ来なかったんです。あれ、嫌われちゃったかなって思っていたら、実は足をけがして病院に行っていたみたいなんです。何だか間が悪かったと思いつつ、「今度、絶対に踊ります!」って言ってくれたので、踊ってもらいます(笑)。

『アンフェア the end』篠原涼子インタビュー

ファンが求める篠原涼子像へのこだわり

Q:本シリーズの雪平役やCMの女性上司役など、篠原さんにはかっこいい「アネゴ」的なイメージがあり、同性からの高い支持がありますが、固定概念を持たれることは窮屈ではないですか?

世の中の人たちが求めているイメージというのは、できる限り大切にしなければいけないと思っています。いろいろなお仕事をさせていただいていますが、その辺は常に意識しながら、期待を裏切らないように努力していきたいですね。

Q:『アンフェア』がフィナーレを迎えましたが、今後何かトライしてみたいことなどはありますか?

40代は特に、女優としていろいろなこと経験し、冒険もしていきたいと思っています。自分でやりたいことを絞り込むのではなく、「これを篠原にやらせてみたい」と思う方がいたら、そのお話に耳を傾けたいですね。